2006年11月23日

福知山マラソン応援レポート

061123fukuchiyama.jpg
福知山マラソン。昔から名前は聞いていたけど、実際に行ってみたのは今日が初めてだ。
関西でも有名な大会だけあって、参加人数、ブースの数、スタッフの多さ、
飲食のサービス、白バイの台数、パトカーの台数、自衛隊の車の台数、
どれをとっても今まで自分が見てきた大会とはぜんぜん違う。

今日は自分の知ってる人が10人以上出るということで応援に行ったんだけど、
さすがにメジャーな大会だと思ったのは、自分の知り合いどころか、
昔同じ会社にいた人や、よく万博公園を走っていたら見かける人など、
「あの人も」「この人も」って感じで知った顔がちょくちょく見つかる。

スタートは10時半。
1万人ほどのランナーが走りだすと、何分たっても人の波が途切れない。
フルマラソンを走るための練習を普段からしている人が、
関西だけでもこんなにいるのか・・・。

スタートしてから1km地点に交差点があって、そこは8kmでもう一度通過し、
41kmでまた通過する。つまり、同じところで応援していると、
1km、8km、41kmの定点観測ができる。
3回とも同じようなリズムで交差点を通りすぎていく人も(まれに)いれば、
41kmの段階では別人のように疲れ切っている人もいる。
(多くの人はそうだったし、普通はそれが当り前だろう)

「雨よ、降るな」
今日のマラソンに参加したすべての人がそう思っていただろう。
そして、雨は1滴も降らなかった。なによりも、なによりもそれがよかった。
雨に打たれてカラダが冷えたら、走る人はかなり悲惨だったと思う。

しかし、世の中には42.195kmを走れる人がこんなにたくさんいるんだ・・・。
フルマラソンの応援って、途中で休憩も挟みながら余裕をもってできると思っていたら、
とんでもない、あっという間にあわただしく終わってしまった。
この前テレビで中継を見ていた東京国際女子よりも短く感じた。

今日もたくさんの素晴らしい走りと、素晴らしい精神力を見せてもらったけど、
走っている人の気持ちの支えになればと思って応援しているのに、
逆にこっちが力をもらったりするから不思議だ。
この、本末転倒、主客逆転な現象は、現場で応援してみて初めて体験できる。

ま、それで、「よっしゃ俺だって」という気持ちになったのかと言うと、
意外なことにそうではなく、フルマラソンの過酷さを知らされたような気がする。
立ち止まって脚を曲げ伸ばししている人、足を引きずっている人、うめき声を
発しながら走っている人、救急車も何度か走っていたし、
これほど人間を過酷な状況に追い込んでしまえるような距離に対して、
マラソンは素晴らしいスポーツだと思う気持ちと
自分のカラダはこんな距離を走れる土台を持っているんだろうかという不安が
同居したような気持ちになった。

ホノルルマラソンまで、あと2週間とちょっと。
長い距離を走るためのカラダを作るために、あと少し頑張れるかどうか。
posted by まこと at 23:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
応援、お疲れ様です。見るのも勉強ですね。あと2週間かぁー。まだまだ先だと思っていたのに。私の友人も初ホノルルです。まことさんほど走れないけど、なんかお気楽に考えているようです。
私はまだ3月なのに、私のほうがあせって、30キロ走をしたほうがいいとか、あわせてカーボローディングもして本番練習してごらんなど、口うるさくいっております。

私は家で、千葉駅伝のTV放送をみていました。たすきのかけ方が自分が間違っていたことが、それでわかりました。
たすきの使い方もわからずに駅伝をでてたこともショックでしたけど!
Posted by 桂子 at 2006年11月24日 00:13
どもです^^
先日はサポートにテントの設営に、ゴール後のコーラーに、美味しい温かいコーヒーに本当にありがとうございます。
ほんと感謝です^^

8000人ビックレースを見たことで、いろんな感想を持ったようですが^^
大丈夫、あれだけ練習したんです。
大丈夫!!!

最後の仕上げに週末に動き込みは頑張りましょう^^

そんでもって、自信を持ってホノルルに挑んでください!

あとは夢の舞台を存分に苦しみながらも楽しんでください!


Posted by ORAO at 2006年11月24日 06:48
福知山マラソンって名古屋からも結構出てると思いますよ。
私は,去年ジムで名古屋シティマラソンのパンフレット見つけたのがランニングを始めたきっかけですけど,そのとき,福知山マラソンのパンフレットが横に並んでありました。
へー,ここにフルマラソンのパンフレット置いてて誰か見るのかなあ,なんて思ったものでした。
Posted by びい at 2006年11月24日 07:03
桂子さん
私もまだ走り始めて1年もたってないので、知らないことがいっぱいです。たすきの締め方や靴ヒモの通し方、サプリメントの摂り方、練習量や練習方法、ストレッチの仕方、その都度いろんなことが学べて楽しいです。

ORAOさん
こちらこそ、すごい走りを見せていただいてありがとうございました。素人目で見て「ペース配分とか、まったく関係ないんやろか」と思ってしまうような一直線な走りは感動モノでした。
フルマラソンのゴールは自分にとって遠い距離ですけど、絶対に走りきって感動を味わってやるゾ!という気持ちになれました。ほんと、お疲れさまでした。

びいさん
フルマラソンを走る人って、いったい日本にどれくらいいるんでしょうね。途切れることのない人の波を間近で見ると、もう、スゴイです。何キロもの長さのエネルギーの大群が駆け抜けていくようでした。
Posted by まこと at 2006年11月24日 11:27
応援、本当にありがとうございました。
まっこと、嬉しいものですね。
ましてや、あのようなスペシャルな応援ですから尚更でした。

風邪引いてませんか?
そろそろ最後の走りこみ週間に突入ですね。
頑張ってください!
Posted by tacoco at 2006年11月24日 14:44
tacocoさん
ほんとにお疲れさまでした。雨が降らなくてよかったです。マラソンの応援をすると、練習とはまた別の力がつきますね。生で感動を味わえて、自分は素晴らしい世界に足を踏み入れたなと思っています。
Posted by まこと at 2006年11月24日 15:32
福知山応援お疲れ様でした。我が家も嫁が参加したので運転手兼応援に行ってました。

あのタープがまことさん達がいらっしゃたんですね。まさにニアミスでお会いするところでした
Posted by はぴちのPaPa at 2006年11月25日 21:49
はぴちのPaPaさん
え?そうなんですか。かもしかといい、福知山といい、ほんとにニアミスしてますね。それにしても、奥様の応援とはいえ、遠いところをお疲れさまでした。
Posted by まこと at 2006年11月26日 02:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。