2006年08月22日

やっぱり野球はおもしろい

ワイドショーの騒ぎ方はどうでもいいけど、
テリー伊藤のはしゃぎようもどうでもいいけど、
今年の高校野球は興奮した。

緊迫感満点の決勝戦はもちろんだけど、それ以外でも力の入る試合が多かった。
高校野球の感動するところは、なんといっても“あしたが無い”ということに尽きる。
プロ野球は負けても次の試合があるけど、高校野球は負けたらそこで終わりなので、
「今日は負けても明日お返しをしよう」と思って戦う選手はいない。
どんなに点差があっても、みんなあきらめない。

それに、苦しい苦しい練習を長期間やってきているから、いくら負けていても、
「ここで負けてたまるか」という気持ちになって表れるんだろう。

あきらめずに、一生懸命がんばっている姿って、それだけで感動してしまうし、
バントひとつ決めただけで涙が出そうになる時もある。

高校野球を見てそんなに感動したのなら、「よっしゃー!俺もやるどぉぉぉ!」と
朝の4時頃からでも起きて走りそうなもんだけど、きっちりぎりぎりまで寝てしまった。
朝のパンをかじりながら、甲子園球児と自分との違いをまざまざと感じてしまう。
やる気と実行力は別なのかな。一緒でありたいけど。

それにしても今年は、冬季オリンピックから始まって、WBC、ワールドカップ、
高校野球と、記憶に残るスポーツがすごく多い。
次は女子バレーのワールドグランプリかな。
その次は9月24日のベルリンマラソンかな。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22684437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。