2006年06月10日

エキスポ70

家の中でこんなものを発見した。
なんと、1970年の日本万国博覧会の風呂敷。

060610expo70.jpg

一辺が70cmちょっとで、地図とパビリオンと国旗が描かれている。
もう36年も前のシロモノだ。

その頃は確か小学3年生くらいだった。
大阪市内に住んでいたので、地下鉄で何度も通い、
アメリカ館やソ連館、日本館、松下館、日立館、三菱未来館、ガスパビリオン、
住友童話館、エキスポタワー、太陽の塔、虹の塔など、ありとあらゆるパビリオンを
巡ってスタンプを集めたのを覚えている。

会場の中に流れている人口の川にはまって全身びしょ濡れになり、
コンパニオンのお姉さんにどこかの事務所に連れていかれて、
着ている服を全部(パンツも)脱いで乾かしてもらったこともあった。
ストーブの横に立って服が乾くのを待っている間、
コンパニオンのお姉さんはバスタオルを両手で広げて、ずっと隠していてくれた。

風呂敷一枚でそんな昔に気持ちがタイムスリップするなんて、
これはひょっとしたらドラえもんのタイム風呂敷・・?

なんて思い出に浸るのが目的ではないが、今朝も万博の外周道路を走ってきた。

大型犬の散歩をしている人、親子でウォーキングをしている人、自転車で
走っている人、カップルでジョギングしている人、たくさんの人が朝から
公園を利用している。
自分もその仲間のひとりだと思うと、走っていても孤独感がない。
いったいこの36年間に、どれくらいの人がこの道を走ったり歩いたりしたんだろう。
posted by まこと at 15:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大阪万博。懐かしいなあ〜もう36年も経つのだなあ。
ビッグコミックの漫画ではないので少年でなく、ともだちの世界ではありません。
高校2年の時であり,野球部の練習を何か理由をつけて休んで,
兄貴と二人で2泊3日の日程で来た事を思い出しました。
世界の国からこんにちはと,見かけた“外人”にハウドユドウとか
ハローと言った事を覚えています。
決して,ギブミーチョコレートとは言いませんでした。
・・・・・・・コンパニオンが綺麗だったなあ。
Posted by カジヤン at 2006年06月10日 19:15
でしょ? でしょ? 懐かしいでしょ。
初めて親以外の女性に裸を見られた恥ずかしさは
一生忘れられない思い出です。
その時のコンパニオンも、今はおばあさんなんでしょうけど・・・。
Posted by まこと at 2006年06月11日 00:33
風呂敷には負けますが、私も万博のハンカチをいまだに持っています。同じように、会場の地図の描かれたものですよ!
Posted by ゆうま母 at 2006年06月20日 14:22
古い記事にコメントをもらったので気がつきませんでした。
大阪万博って1970年ですからね、なにせ。ハンカチも風呂敷も、タイムカプセルに入れる値打ちがあるかも。
Posted by まこと at 2006年06月20日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。