2006年05月31日

あの人もこの人も走りだした

ゆうべは飲んで帰ったので寝るのが遅くなったけど、
《飲んだ次の日ほど走る》のルールに従って6km走ってから出勤した。

仕事をしてたら、知合いのカメラマンが昼飯を食べに来た。
この人は、健康のために土・日に2kmづつ走っている。

最近よく、ランニングのフォームについて質問してくるので、
ランニング・スタイルという雑誌の付録についていた
[キレイなフォームに変わるといきなり走りがラクになる!]という特集の
DVDを昼休みにかけてあげた。

カメラマンとうちの社員(この子も週に1回か2回、ジムのマシンで走っている)が
真剣にDVDの画面を見ている。
そのうちに椅子から立ち上がって「こうか。・・・こうか」とか言いながら
腕を振ったり、その場でスキップをしたりし始めた。

な、なんなんだ、この人は。

向かい側のビルの人が変な目で事務所の中を見ていないか心配で、
俺は外ばかり気にしていた。

なんだか最近、自分の周りでも、走ることに興味を持ちだした人が増えてきている。
ひょっとしたら、走りたくなる化学物質を空気に混ぜた、新しいテロかもしれない。

日本人を走ることに駆り立てて経済を弱体化させる狙いで・・・・
・・・いや、明日は年に1度の人間ドックなので、つまらない話はやめて早く寝よう。
遅くまで起きていても、飯は食えないし、酒は飲めないし、
人間ドックの前日ほど、人生で退屈な夜はない。
posted by まこと at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いやいや人間ドックの前日ほどいろいろと考える日は無い。
1年に一度こんなに思索にふける日が来る事は良い事だ。
まず、診察の結果を嫁さんに見せない理由を考える。
曰く、会社の人事に持ち込んで、産業医と一緒に開封しなくてはいけない。
結果は家族といえども個人情報であり,秘密保持が今年から法律で義務付けられた。 
 また指摘された不具合な部分も個人の努力できる事だけすれば良い。
さらに酒を減らせとか運動に励めとか、本人の意思をまず尊重しないとストレスが
溜まる事となり、余計に体調が悪化する。
 こんな私の言葉を信じない嫁への説明をどうしたらよいのでしょうか。
だれかご指導ください。アハハ・・・・
 しかし私の今年の結果を見るとBランクの項目は良いが、Cランクに加えて
再検査のDランクが増えてくるといささか心配になるが,まあいいか。
 そして確実に言える事は、ドック当日の夜のビールがうまい。たった1日なのに
Posted by カジヤン at 2006年06月01日 16:49
い、いや・・わたしは、秘密の少ない人間なので、
人間ドックをそこまで複雑には考えていませんが・・。
でも笑えるコメントをありがとうございます。
私も今から、ビールを楽しみに帰ります。
(バリウムがまだ全部出てないような気がするんだけど・・)
Posted by まこと at 2006年06月01日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。