2006年04月24日

痛いけど走れるのが不思議

しばらく練習を休んでいたせいで、早起きする習慣がすっかり体の中から
消えていて、今朝はまったく起きれなかった。

そのかわり夜は接骨院を予約してジムへ行った。

自分でも、仕事をしながらよく時間を作っていると思う。

接骨院で足首に電気を通して、暖めて、マッサージをしてもらって・・・
最近、毎日同じことを書いているような気がする。

そのあとはマシンを使ってランニング。

あいかわらず走り初めは足首に痛みを感じる。
そして実は密かに反対の右足の膝も痛い。

でも体全体としては調子がいい。
スピードがゆっくりというのもあるけど、
脚もよく動いているし、上半身も安定しているように思えるし、
呼吸もそれほど乱れない。

ゆっくり走るというのは、こんなに楽なのかと思ってしまう。

4.2km走って、少し休憩がてら太ももの筋トレを軽くしたあと、
もう一度マシンを使って走ってみた。

やっぱり、脚は痛いが調子はいい。(矛盾した表現だけど・・)

10分走っても20分走っても疲れない。
ずっと走る練習をしていなかったのに、どういうことなんだろう。

結局、2回目は4.6km走った。

今日はあまりにも楽だったので、
それがトレーニングになっているのかどうかもわからない。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。