2006年04月16日

接骨院レポート

ゆうべ、いつも通っているスポーツクラブの中にある
接骨院に行ってきた。
状態としては、走る時にスネのあたりが痛いだけで、
痛いなりにも普通に走れるので、軽症に属するんだろうけど、
自分で考えて運動をしたり冷やしたりしながらのリハビリよりも、
きちんと見てもらった方が早くよくなるかなと思ったので。

これがまた素晴らしい接骨院で、スポーツ医学に精通したトレーナーが
何人もいて、ベッドや機械類も整っている。

まず問診から始まって、痛めた場所の確認、原因、時期はもちろん、
普段の運動量、どんなフォームで走っているか、
どこのメーカーのどのシリーズのシューズを履いているか、
走る前にどんなストレッチをしているか、などなど、
こと細かに聞いたあとは、ベッドに寝て膝や足首を動かしながら、
痛みの範囲や筋肉の固さ、張り具合などを診ていく。

まるで、専属のトレーナーに筋肉の隅々まで入念にチェックを受けている
プロスポーツ選手のような気分だ。

そのあとは場所をかえて、スネに(電気のコードがつながった)ビスケット大の
プレートを2枚当ててバンドで固定し、ふくらはぎには食パンの半分くらいの大きさの
プレートを2枚当てて10分間電気を流す。

それが終わるとスネをアイシング、同時にふくらはぎを暖める。
これも約10分。

最後はベッドに移動して、マッサージと筋トレが合わさったような処置を
入念に。

普段の筋トレや、ストレッチの仕方、練習の目標設定など
細かくアドバイスを受けて終わった。
もうすっかり筋肉や関節がいい状態になったような気になる。
(実際は変わらないのだが)

今日もこれから行ってこようと思う。
posted by まこと at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16635231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。