2006年12月16日

ランニングとは関係のない毎日

ハワイに行ってる間に車検に出しておいたクルマと、
チューンナップに出しておいたスキーを引き上げに行ってきた。
電車に乗ってディーラーへ行き、
車検が終わったクルマを受け取って今度は三ノ宮のスキーショップへ。

ところがあーた、失敗やったがなコレが・・・。
クルマで三ノ宮付近までやってきて気がついた。

「しまったー!神戸はルミナリエや・・」

ここでちょっと余談だけど、うちのパソコンもこう見えて学習能力があるので、
今でこそ「るみなりえ」と打ってポンと変換キーを押すと「ルミナリエ」になるけど、
初めて打って変換した時は、「留美」とか「美奈」とか「理恵」とか女性の名前が
いっぱい並んでビックリしたことがあった。

・・・って、つまんない余談から話を元に戻して、
やけに渋滞してるなと思っていたら、だんだんと人の流れが多くなってきて、
ただでさえノロノロ運転なのに、行きたいところへ行こうと思ったら通行止めだったり、
三ノ宮から元町にかけて1時間ほどノロノロとさまよったあげく、
店から400mくらい離れたところに路上駐車して(パーキングはどこも満車だった)、
走って店までスキーを取りに行った。

「走って」と言ってもまだ膝のスジが痛いのでまともに走れず、
まるで傷を負いながら戦場を逃げてるようなアンバランスな走り方。

それでも歯を食いしばりながら、
「駐禁来るなー」「駐禁来るなよー」「あと1点で免停やからなー」
「しかもあと1カ月で点数がクリアになって免許証がきれいになるからなー」
「頼むから駐禁来るなよー」と祈りながら走らなければいけないくらいヤバイ状況なので
ゆっくり歩くわけにはいかない。

スキーショップへ行ってチューンナップが終わってた板を受取り、
店員さんと、
「お客さん。クルマ、前ですか?」
「いや、遠いんですわ、ルミナリエやから」
「だ、大丈夫ですか・・・」
「だいじょーーーっす」
という会話をした後、
グイッと3本の板を腕に抱え、初詣状態の人の波をスキーの板でかき分け、
離れたところに置いたクルマまで戻ったら、幸運にも駐禁は取られてなかった・・(ほっ)

061216ski.jpg

ま、こんなふうな、ランニングとはまったく関係のない日常を今は送っている。

でも頭の中は、いつから走れるかなーなんて考えたり、
ホノルルマラソンの、夜明け前に走った街角を思いだしたり、
夜が明けてから走ったハイウエイを思いだしたり、
けっこうランニングのことを考えている。

でもカラダは、走ることとは関係のない生活をしている。

でも頭ではふとした時に、やっぱりランニングのことを考えたりしている。

なんか、脚がまだ痛くて、走れる状態じゃなくて、緊張が解けて気が抜けたような感じで、
でも考えることといえばランニングのことばかりで・・・
なんとなく変な、それでいてなんとなく心地いい、よくわからない状態。
posted by まこと at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。