2006年09月30日

今夜はヨメの実家

ゆうべは3時頃まで踊りの練習をして今朝は7時に起きて10km走った。
12時間ほどで踊りと20km弱のランニングをしている。・・・カラダ動かし過ぎかも。

今は家の近所でゴルフの日本女子オープンをしているので、
道にはたくさんの警備員が立っている。

健康な人達が住んでる街なんだなァと思われたのか、こういうジョギングしてる奴が
意外と怪しかったりするから目を離さないようにしないと、と思われていたのか、
周回ごとにジロジロと見られた。

午後からはヨメの実家でず〜っと昼寝をしていた。
これはこれでカラダ休め過ぎかも。
posted by まこと at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

べつに頑張らなくてもいいんだけどなー

仕事が忙しいのに、大阪城公園で練習がある日は、できるだけ都合をつけて
行ってしまう。それ以外の日は遅くまで残業してでも。
それはいいことなのか、悪いことなのか・・・。
ま、健康のためにはいいことなんだろう。(それで仕事が回ってるなら)

今日は大阪城公園で、各自のペースで1時間走る日だ。
1時間というよりも、1周1.9kmのコースを4周か5周回るというルールに
なんとなくなっているようにも思える。

いつも(初めて参加する人はコースを覚えないといけないので)1周目はみんなで
ゆっくり走る。2周目以降は各自のペースになるので、
速い人、遅い人もいるために自然とバラけてくる。
けっこうマジで走る人、おしゃべりしながら楽しく走る人などさまざま。

先頭の人は、2周目から5周目までをビルドアップ気味に
5分半/km→5分/km→4分半/km→4分/kmというように
ペースを上げていく。
できるだけついていこうとするんだけど、
4周目くらいになると徐々に取り残され、5周目ともなると遠くの方を見ても
前の人の姿が見えなくなる。まるで、フェラーリを軽自動車で追いかけるような感覚。
フェラーリはいくらスピードを出しても平気だけど、軽自動車が必死で追いかけると
そのうち車体もガクガクと違和感が出始め、エンジンも焼き付いてくる。
しかも、泣きそうな顔で頑張るその根性もむなしく、
フェラーリは遠ざかっていき、しまいには見えなくなる。

その人たちは何年も走っているわけだし、フルマラソンでも3時間半を切ったり
3時間前後で走ったりするような実力を持ってるわけだから、
走り始めて1年も経っていない、しかもハーフマラソンさえ走ったことがない自分が
ついていけないのは当り前なんだけど、
じゃあ俺も何年か続けたらそんなふうになれるのかというと、
とてもそうは思えない。世の中には、次元の違う人がいっぱいいる。

軽自動車が何年かたってフェラーリになるのなら、みんなスズキのお店へ行って
軽自動車を買って大切に手入れをするだろう。

別に、頑張らないといけない練習会ではないので、無理してついていく必要は
ないんだけど、人の背中って、よく見るとただの背中なんだけど、
(根性あるんやったら、ついてきてみぃ〜・・・)と書いてあるように
見えてしまう時がある。
走っている人ならわかりますよね、この気持ち。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

そんなに大変なのか

エライ大会にエントリーしてしまったかもしれない。
たまたま鈴鹿の地元の人がコメントをくださって、10k、ハーフともかなりの
アップダウンがあるということなので、その人のページに飛んで読ませてもらったら、
さすが鈴鹿《山麓》というだけあって、想像以上に起伏に富んでいるようだ。

なんと、2.5kmで120mも上がる登りもあるらしい。(絶句・・)

「こんなしんどいコースやったら申し込みせんのに!騙された!」と言わないで
くださいねー、と書いてあった。(それ聞いただけで逃げ出したい気持ち・・)

なにせ第1回大会なので、経験者にレクチャーを受けるわけにもいかないしね〜。

ま、「このコースが俺を鍛えてくれるんだ」と覚悟を決めてプラスにとらえよう。
今さら逃げ出せないもんね。たぶん、間違いなく、鍛えてくれるだろうし。


参考にされる方はどうぞ↓↓↓↓

http://blog.livedoor.jp/hapiti0201/archives/cat_50010552.html
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

夜中に何しとん

仕事が忙しくなると、家に帰るのがかなり遅くなったりもする。
徹夜こそ1年以上していないけど、たまには日付が変わることもある。
そんな時間に家に帰ってからは、
まず風呂に入る(またはシャワーを浴びる)。
次にビールを飲みながら晩ご飯を食べる。
最後に、写真を加工したりキーボードをたたいたりしながらブログを更新する。

だが今は、そこにもう一つしないといけない大切なことが増えている。

それはダンスの練習だ。

実は今度、米米クラブのコンサートに行く。
それに合わせて発売されたDVDを見ながら踊りを覚えないといけない。
そしてこれがまた、ピンクレディの振り付けの20倍くらい激しい。
そんなのを6曲も覚えなければいけない。

かれこれ3週間ほど前から、通勤時はiPodで曲を聞きながら、
家に帰ってからはテレビの画面を見ながら練習しているが、
激しすぎてなかなか覚えれない。
ホノルルマラソンはキャンセルして、こっちに集中しようかと思うくらい。

060927komekome.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

仕事しろ〜

仕事した方がいいんだけどなー。

アレもコレもあるしなー、仕事せなアカンやろなー。

走りに行っときたいなー。

でもそんな状態やないしなー。
      ・
      ・
      ・
よっしゃ! あした頑張ろ!!なんとかなるやろ。
今までもなんとかなったし。

という結論で、大阪城公園へ15km走りに行っちゃった。
小雨の降る中、ちょっと体が重たかったけど気持ちよく走れた。

が、そのあと串カツ屋でビール飲んで帰ったら、眠たくて眠たくて・・・

ゆうべは(今日とは逆で)遅くまで仕事してたからかな。
もうアカン。お言葉に甘えて寝ます。z z z z z・・・
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ハーフエントリー

060802race03.jpg

前からず〜っと悩んでいて(というのはウソで、きのうと、申込み締切り日の
今日になってから真剣に悩んで)鈴鹿山麓かもしかマラソンにエントリーした。
真剣に悩んで、というよりは、ブログで知りあった人に引きずられて、というのが
正しいかもしれないけど・・・(なんという主体性のなさ)

10月29日、距離はハーフ。(ヨメは10kmでエントリー)
これでホノルルまでに11月12日の淀川と合わせて、2回ハーフの大会を走れる。
ハーフの大会すら出たことがないので、本心としては、やっぱり2回は
ハーフを経験しておきたかった。
そこそこアップダウンがあるようなので、ダイヤモンドヘッドの上り坂を走る練習にも
なるかな?よくわかんないけど。

060925book.jpg話は変わるが、この本は
最近映画にもなったので
知ってる人は知ってるんだけど、
人に借りて読んでみたら
ものすごくいい本だった。

最後のマラソン大会のところを読んで、
通勤電車の中で泣いてしまった・・・・。
スポ根に弱いもんで、応援したくなるような
描写があると、つい胸が熱くなってしまう。

仕事がメッチャ忙しいので明日からはたぶん早く終わるのが難しいだろうけど、
その分、朝に走れたらいいんだけどな。夜中にブログの更新をしてるようじゃダメかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

追記:知らない間にブックマーク登録をしてくださっていたみなさん。
   ありがとうございます。ぜんぜん気がつかなくて失礼いたしました。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

くすのき駅伝

今日は8時に阪神電車の梅田駅に集合して武庫川へ。
西宮市を流れる武庫川の河川敷で「くすのき駅伝」に参加するため。
ひとり3km×7区間で、折り返し2ヶ所の周回コースを走る。

遊び半分の楽しい参加かなと思っていたら、笑顔で冗談を言いあってるだけで、
実はみんなけっこうマジだった。

060924_ekiden.jpg

3kmくらい、抑え気味にスタートしたら後半は無限にペースアップしていけるだろうと
思っていたら、これがけっこうキツかった。
前半は抑え気味にいってるのに、早くも疲れが感じられてあせったし、
後半も満足できるようなスピードにはなっていなかった。

自分では3kmだけなら12分くらいで走れるんじゃないかと思ってたんだけど、
それは己を知らないうぬぼれで、実際は12分31秒かかってしまった。

ショップの店長は10分20秒で走ってごぼう抜きをしていたし、
旭化成の元世界陸上の代表だった人などは、3kmを9分台で走っていた。
スーパーカーみたいだった。

真剣に走ってきた人から襷を受け取って、自分も目一杯走って次の人に襷を
つなぐっていうのは、なんか、とってもいい体験になった。
手を抜いたら人に迷惑がかかるという重圧も、なかなかいいもんだ。

さて、すっかり足のあちこちが痛いので、あしたは完全休養日にします。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

長時間走るのはまだまだキツイ

秋桜の苗を買ってきて植えた。もう秋やね〜。

060923cosmos.jpg

それにしても、めっきり涼しくなってきた。朝晩なんて寒いくらいだ。
今年の秋はマラソンのことばかりを考えて過ごすので、季節感は味わえないだろうと
思っていたが、行楽地へ秋を満喫しに行くわけじゃないにしろ、
走ることで十分に季節を感じている。

今日は昼過ぎから走る予定が、ダラダラしていたら家を出るのが遅くなり、
3時半ごろから万博公園へ行って走り始めた。
風もそこそこ強かったし、今日くらい涼しいと、ゆっくり走っている限りは
ほとんど汗が出ない。走る前から額を汗がつたっていた夏とはエライ違いだ。

万博記念競技場を本拠地にしているガンバ大阪の試合があったみたいで、
たくさんの人が、胸にPanasonicやGAMBAと書いた青いTシャツを着て歩いていた。
そんな人たちの間を時には縫いながら、今日は万博公園の外周道路を6周。
初めて30kmという距離を走った。

7月に20kmを走ってみて以来、それ以上長い距離を走っていなかったので、
9月中には一度長時間走をしておきたかったんだけど、予定を考えたら今日しかなかった。

30kmという距離はそれほど過酷には考えていなくて、気持ちさえ続けば走れると
思っていた。ところが、それはとっても甘い考えだった。

キロ6分くらいの、ぜんぜん呼吸も乱れないペースで走り始めて、気温も低いし
風もあるのでぜんぜんバテることもなく淡々と走っていたら、
15kmくらいからお尻や太股や膝や足首が突っ張ったような感じになり、
20kmを過ぎたあたりからは太股のスジ、膝、足首、足の裏などが痛くなってきて、
しかも体の中のエネルギーが枯渇してるような気分になってきて、
けっこう辛い走りになってしまった。

走り終わってストレッチをしようとしても、痛くてまともなポーズがとれない。
万博公園から家までの1kmの道も、痛い痛いと思いながらすごくゆっくり歩いて帰った。
普段から20km弱は時々走っているけど、筋肉や関節の持久力はまだまだだということが
よくわかった。

家に帰って、部分的にアイシングをして、1時間くらいかけてストレッチや
自分マッサージをしたので今は少しましだけど、まだ両方の膝は痛い。

あしたは朝から武庫川で、知らない間にエントリーされていた駅伝だ。
3kmを力いっぱい走らなければならない。
こんな脚で満足に走れるのかな〜・・・・。走れなかったらごめんね〜・・。
「オマエのせいで負けたやないか!」なんて、みんなから蹴りを入れられるかも。
posted by まこと at 23:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

夏とぜんぜん違う

ゆうべはどうして突然接続がキレたんだろう。わけわからん。
ま、いいか、今は普通につながってるので。過去にはこだわらないということで。

きのう(21日)は朝から6km走った。
早起きをして朝のランニングをするのは5日ぶりくらいだ。

そして今朝も早起きをして走った。
今朝は8km。
朝走ると、秋という季節がどれくらいさわやかで
過ごしやすい季節なのかということがよくわかる。

陽射しが体に突き刺さって痛いわけじゃなく、
雲の形が暑苦しいわけでもなく、
空気がネチャネチャしているわけでもなく、
風がなまぬるいわけでもなく、
陽射し、温度、湿度、風・・・どれも気持ちがいい。

写真は、今日の夕方の1時間くらいの間に
事務所の窓から撮影した空。
空ってこんなに短時間にガラッと表情を変えるんだ。
自然の色の美しさに思わず仕事の手を止めて
シャッターを押してしまった。

夜は仕事帰りに大阪城公園でランニングを9.5km。
以前は、仕事が早く終われたら飲みに行ってたのに、
今は早く終われたら走りたいと思っている。変わったね俺も。

今日は全部で20人くらい集まっていたかもしれない。
その中には、ヨメ、はへほ〜さん、はへほ〜さんの同僚、
そして今日はうちの事務所の子も参加した。
今まで最高で3.3kmしか走ったことのない子なので
それよりも長い距離を走れるのかと本人は緊張していたが、
1周1.9kmのコースを4周、つまり7.6kmをラクラク走っていた。

はへほ〜さんも淡々と9.5kmを走っていたし、ヨメなんて最後の200mくらいは
意識的に速度を上げていた。

なんかみんな、どんどん走れるようになっている。
ホント、毎日でなくてもいいから、継続することって大切なんだな。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

あらら

突然ネットが切断されて、それっきりつながらなくなった。
いろいろと原因を探ってみたけど、原因は、原因不明の原因だった。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

秋晴れ

今日のような天気をなんと言うんだろう。
秋晴れ? さつき晴れ?(それは5月か)

暑くもなく寒くもなく、じめじめもせず、どこまでも続く青空。
打ち合わせのついでに外へ出て、初めてこんな気持ちのいい天気だということに
気付いた。
真っ青な空を背景にした中の島公会堂の、この美しさはどうだ。

060920nakanosima.jpg

こんな日は仕事などせずに、お弁当を持って山へ出かけるか(そんな習慣はないけど)、
スケッチブックを持って公園へでかけたり(そんな習慣もないけど)して、
この気持ちのいい季節を楽しみたくなる。

読書の秋とか、芸術の秋とか、スポーツの秋とか、食欲の秋とか
いろんな言い方があるけど、昼は暑すぎないし、朝晩は涼しいし、
それだけ何をするにも気持ちよくできる季節ということなんだろう。

朝晩も、ほんと涼しい。
夜は大阪城公園でノルディック・ポールを持ってウォーキングをしてきたけど、
7〜80分歩いても、シャワーを浴びたくなるような汗は出なかった。

060920pole.jpg

だからと言って、いくら動いても疲れないのかというと、それはまた違う。
ウォーキングはウォーキングで、しっかり歩けばそれなりに疲れる。

今日はどうしてウォーキングに参加したかというと、実はゆうべ、
骨盤を動かす走り方を試してみて、けっこう感触がよかったので、
それを意識して歩き続けることで、その動きを身に付けてしまおうと思ったから。

最近は、走っていて膝が痛いことが多かったんだけど、骨盤を意識して走ることで、
痛みはまったく消えていた。
ひょっとしたら以前に言われていた「体重が内側へ内側へかかるフォームなので、
故障しやすい」という問題もこれで解決するのかも。
まあ、違う走り方をすることで、違う部分に痛みが発生したりするのかもしれないけど。

ここのところ少しサボリ気味なので、せっかくいい季節なんだし
いろいろと積極的に頑張らないと・・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

ペース走のあとビール

2日間まるまる走っていなくて、今日は3日ぶりに、恒例の大阪城公園でのペース走。
仕事が早く終われる限り参加しようと思ってるんだけど、今日もたまたま早く終われた。
(たまたまです。無責任に放ったらかしたんじゃなくて・・・)

いつものように1km5分半ペースで15km。最後の6kmはちょっとビルドアップ気味で。
それでも、みなさんに付いていくのってしんどい。
どうしてあんなに、どんどんスピードを上げられるんだろう。
なんか、違うエンジンを積んだクルマが走っているみたいだ。

ま、そうやって付いていけないながらも一緒に走っているうちに
自分も強くなるんだろうと信じて、これからも仕事が早く終われた日は参加しよう。

でも、最初の頃は、家の近所を4kmずつ走って、そのうち少しずつ距離も伸ばして
それでフルマラソンを走ろうと思っていたのに、
いつの間にこんな(練習会に参加するような)生活になってしまったんだろう・・・。

たまたまランニングショップを知ってしまったのが原因なんだろうけど、
人間の人生とはホントわからない。
ホノルルマラソンが終わったら、自分はどうなるんだろうか。
このままランニングを続ける生活になるかもしれないし、
適当に週に2〜3日、健康ジョギングをするのかもしれないし、
1歩も走らないのかもしれないし・・・・。

ま、それはあとでわかることだし。

今日はランニングのあと、丹波の100kmマラソンを完走した人の話を聞く会が
閉店後の店の中で催された。ビールは各自コンビニへ買いに行って、車座になって
いろんな話をしたり聞いたりする。

060919rws.jpg

結果的には、ほとんど100kmマラソンの話にはならなかった。
たとえると、新郎新婦そっちのけで盛り上がっている披露宴のようなものだった。

あしたはあしたで、ポールで歩く練習会がある。
うちの事務所の子が行きたがっているので、仕事が早く終われたら行こうかな。
posted by まこと at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

全身マッサージ(やや詳しく)

温泉の成分については詳しくないけど、有馬温泉のお湯って他とは違うんだろうか。
熱くもなくぬるくもなく、さらさらでもなくトロトロでもなく、たまたま今の体調に
合っていたのかもしれないし、いつまでも入っていたいくらい気持ちがよかった。

060918arima.jpg

ゆうべはどんなマッサージを受けたのかというと、
ベッドの上にまずうつ伏せに寝て、体にバスタオルをかけられ、お姉さんに
全身をメンテナンスしてもらう。
頭のてっぺんから足の先まで、まったりと90分間。

「こんどマラソンに出るんですよぉ〜。でねぇ、今ランニングを続けていてぇ〜、
たぶん脚の筋肉に疲れもたまってると思うんですぅ」と言うと、
「そうなんですかぁ、マラソン、ガンバッテくださいねぇ」と言いながら
下半身を特に入念にやってくれた。
ストレッチ系あり、体重をかけて手のひらで押す系あり、揉み系あり、さすり系あり、
親指グイグイの指圧系あり、筋肉をゆさぶる系あり、
接骨院でのマッサージと同じのもあったが、初めての技もたくさんあったりして、
もうね、なんというか、ほんと、恍惚の90分間だった。

ベッドのそばに立って指を使いながらマッサージしたり、両足でベッドに上がってきて
体重をかけた力技で攻めたり、お姉さんこそあとでマッサージが必要なんじゃないかと
思うくらい重労働に見えたが、そんな調子で24時までお客さんが詰まっているらしい。

でも、おかげさんでこっちは、キレもなければ冴えもない中年の体から、
成長期の中学生に変身したような軽やかさ。(いくらなんでも言い過ぎか・・)
今度から、レースの前にはかならずマッサージを受けようかな。
考えたら、プロスポーツ選手っていつも試合の前後にこういうことを
してもらってるんだろうな。プロスポーツ選手ほどハードなダメージを受ける練習は
していないので、自分と比較して羨ましがってはいけないけどね。

でも、ランニングショップの店長は言ってた。
市民ランナーの皆さんは、自分が選手で、自分がトレーナーで、自分がコーチなので、
自分で自分の体をきちんと管理しないといけないって。


有馬温泉からの帰り道、何軒か吉野家の前を通り過ぎたが、
(話はもう、マッサージから別の話題に変わってます)
今日は牛丼の復活祭とあって、道路が渋滞するほどクルマが並んでいて、
店の前には長蛇の列ができていた。

昔は友達と徹夜で遊んだりした日は、必ず明け方になるとオレンジ色の看板に
吸い寄せられるようにして牛丼を食べていた。おいしかったなー。
今は、あんないいかげんな検査しかしない国の牛肉なんて食べる気がしないけど。
(ま、知らない間に食べちゃうんだろうけど・・)

マラソンとは関係ないけど、これも同じく帰り道、知合いのイラストレーターが
豊中のギャラリーで個展をしていたので寄ってみた。
とっても味のある墨絵を描く人で、去年も1年間一緒に仕事をさせてもらった。
機会があったら、B全の和紙に野沢温泉の絵を描いてもらいたくて、
(その人には了解を得てないけど)お願いしてみたいなと思っている。

以上、その後は王将へ行って
餃子を好きなだけ食べて、
マラソン教室から始まった3連休は
すべて終わりました。

チャンチャン♪
posted by まこと at 23:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

全身マッサージ

有馬温泉に来ている。筋肉の疲れをとるために湯治に来ているというわけではない。
台風の接近でどこに行っても天気が悪そうだし、温泉に入って
ゆっくりしようかなと、思いつきで電話したらたまたま部屋が空いていた。
家からも車で1時間だし。

060917arima.jpg

温泉にゆっくりつかっているだけでも癒されるけど、
宿にはエステのプランがあって90分のマッサージを受けてみたら、
これがもう、体中の筋肉をひとつひとつ手入れしてもらってるみたいに気持ちよく、
(もう、どうにでもして)って気持ちになってしまった。

これってやっぱり湯治かな。
posted by まこと at 22:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

はじめてのフルマラソン教室

今日はランニングショップ主催の「はじめてのフルマラソン教室 第2回」。

朝の8時半に、これからフルマラソンに出ようと思っている人たち20人ほどが
眠たい目をこすって(茨木からはもちろん、はへほ〜さんは京都から、むらし〜さんの
ご主人は確か旭区から、yukarinは明石から)集まり、大阪城公園で90分走をした。

060916_90run.jpg

大阪城公園へ移動中は小雨も降っていたけど、それも止み、曇り空の涼しい中で
練習は始まった。1周1.9km(店長はそう言ってるけど、ホントかな・・。
なんかもうちょっと短いような気がする・・・)の周回コースを走る。
最初の2周くらいは全員で(クラブ活動のように)かたまって走ったけど、
そのうち縦長にバラけてくる。

駐車場には大型の観光バスもいっぱい止まっていて、アジア系の観光客がたくさん
団体で歩いていた。ひょっとしたら走っている我々を見て、本国へ帰ってから、
「日本人はみんな走っている」と家族や同僚に報告するのかもしれない。
そして、オリンピックの女子マラソンで2大会連続金メダルをとっている理由は
ここにあったのか!などと納得されてしまうのかもしれない。

最終的には1時間33分ほどで、9周、(1周1.9kmが本当なら)約17kmを走った。
最初の2周(1周1.9kmが本当なら3.8km?)は7分/kmくらい。
3周目は6分/kmくらい。4周目は5分45秒/kmくらい・・・・・
・・・と少しずつペースを上げながら走り、9周目は4分30秒/kmくらいで終われた。

ま、距離とラップは正確じゃないかもしれないけど、このあたりが
1カ月前の90分走と違って自分的に少しだけ力がついたと感じるところだと思う。
余力を残しながら走り、ビルドアップ気味に終わるなんて、1カ月前の走力では
考えられなかった。(涼しくなったという要素もかなり大きいに違いないけど)

来月は3時間マラニックというのがあり、その次は3.5時間走が予定されている。
3.5時間なんて想像がつかないけど、ヨタヨタでも走れたら、また少し自信がつくかな。

この3連休、あとはもう走る予定がない。
故障には至ってないけど、ちょっと膝も痛い(今も痛い)ので、休むのもいいかも。
posted by まこと at 21:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

今日は寒くなかった

きのうは朝が寒いと書いたけど、やっぱりこの季節はその日になってみないと
暑いのか寒いのかわからない。(どないやねん)
今朝は走り始める時から気温が高かったような気がする。

きのうは朝寝坊をしたけど、今朝は早めに起きれて、朝から家の近所を8km走った。
なんか変だけど、きのうの4kmよりも今日の8kmの方が体が軽かったような気がする。
というか、きのうはたった4kmなのに体がすご〜く重たかった。
どうしてその日によって軽かったり重かったりするんだろう。
走ってるのは同じ人間なのにね。(おとつい、飲んで帰ったからかな・・・)

そして夜は大阪城公園で9.5km。
今日はペース走ではなく、1時間の中でそれぞれのペースでそれぞれの距離を走る。
自分の他には、ヨメと、はへほ〜さんと、
それから友達のムーチャンが仕事帰りに初参加した。

ムーチャンと走るのは4月の堺シティマラソン以来。
4月はムーチャンがどんどん遠くへ行って見えなくなったけど、
今日は逆に、ムーチャンがはるか後ろに置いてきぼりになってしまった。
やっぱり俺はこの半年で、少しは走る力がついたみたいだ。
ムーチャンは夜に10kmとか走ってるらしいので、走力は落ちていないと思うし・・。

今もアイシングをしながらブログを書いてるけど、
今日も少しヒザが痛かったし、故障だけがほんとに怖い。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

このごろ、朝が寒い

060914lake.jpg

平日の朝のランニングは、いつもこの池のまわりを走っている。
通学路のパトロールのおじさんと挨拶をしたり、集団登校している小学生の横を
通り過ぎたり、バス停で並んでいるサラリーマンの前を通ったり、
バスに抜かされたりしながら1周走ると、ちょうど2kmになる。

今までは季節が季節なだけに、朝日に当たっているだけで十分暑かったが、
すっかり秋めいてきたので、今朝はけっこう涼しかった。
涼しいとも言えるし、寒いとも言えるくらい気温が低く感じた。
ついこの前までは高校野球の熱戦が続いていたのに、あの夏はどこへ行ったんだろう。

ノースリのシャツと短パンてな格好だと、1kmくらい走ってようやく体が温まってくる。
体が温まったあとにどれくらい走ったのかというと、
今日はほんの3km。つまり合計4km。
実は布団でウダウダしているうちに時間がなくなってしまったのだ。

060914road.jpg

今朝は、雨上がりだからか、空気がとても澄んでいて、遠くの山まできれいに見えた。
こんなに気持ちがいいのなら、もっとしゃんと起きればよかったかも。
きっと、今が一番過ごしやすい季節なんだろうな。
でもそれも長くは続かなくて、気がついたら11月頃になってるんだろうな。
ということは、
今は12月10日のことを考えながら過ごしてるけど、
そのうちにそれも過去の日付になっちゃうのかな。
posted by まこと at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

ホノルルマラソンの人気

このブログは、ランニングを中心とした(ランニングに「限定」しているわけではなく、
あくまでも「中心」とした)日記である。

ゆえに、今日のように朝から雨がざーざー降っていたり、夜は夜で
飲みに誘われていたためにまったく走っていない日などは、ネタがなくて困ってしまう。

060913sette.jpg聞くところによると、日本中で
ホノルルマラソンツアーの申し込みが殺到していて
大変なことになっているみたいだ。

JALもついに臨時便を飛ばすことを
(きっと社内の会議かなんかで)決めたらしい。
旅行会社によっては、関空発の直行便で
行ける確率は10%以下なんだとか。
つまり、関空から一度九州やソウルを経由したり、乗り継いだりするということか。

我々をお世話してくれている旅行社のお姉さんは、今年のホノルルマラソンツアーの
チケットを手に入れるのは、宝くじを当てるようなものらしいと言ってた。
そういう自分自身も、いろんな旅行会社に重複して予約しまくって、
それでもなかなか取れなくてあわてた時期があった。

自分は運を手に入れたのか、それともそこで運を使い果たしたのか、
う〜ん、どっちなんだろう。
posted by まこと at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

15kmペース走

めっきり涼しくなった。朝なんて寒いくらいだ。
こんな時に走って、体は温もるのに皮膚には冷たい風が当たって、
関節や筋肉を痛めたりしたらどうしてくれるんだ。

(そういえば右ヒザがピキピキするな)とか、(太股の付け根がコリコリするな)とか、
(走っているとヒザの裏がプチンプチンと切れているような感覚があるな)とか、
(左のスネがまた少し痛いな)とか、そんなちょっとした自覚症状をお供に、
今日も大阪城公園でのペース走に参加してきた。

先週と同じで、5分30秒で15km。
集団で走るのは、ひとりで走るよりも楽だ。
自分で走りながら、(ん?このペース、速いかな? 遅いかな?)
なんて気にしなくても、勝手にだいたい5分半のペースで連れていってくれるから。
たとえると、自分でクルマを運転してるんじゃなくて、自動運転の電車に
みんなで乗っている気分。つまり、他人まかせで前に進んでいく。

その分、自分は、(楽で、疲れなくて、軽やかに前に進んでいけるフォームって、
どんなんだろう。大腿部とお尻の上に上半身を乗せていくって、どんな感覚なんだろう。
店長は『肩甲骨をしめる』とブログに書いていたけど、それってこんな感じかな。
あれ?なんか、腕に力が入ってるぞ。ん?ヒザが痛くなってきたぞ。もっと柔らかく
着地してみようかな。いや、太股で体重を受けてみようかな。
足の置き方も変えてみようかな。)などと、ヒマな脳みそで
いろんな事を考える余裕ができる。

2ヶ月前は、足を引きずりながら初めて15kmを走ったけど、何度か経験しているうちに、
もう15kmという距離は普通に走れるようになってきた。
残された時間は多くないけど、20km、25km、30km・・・と、
そんな距離も普通に走れるようになっていかなきゃ。
時間は短いけど、先は長いな・・・・・。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

香住 付録

香住の給水ポイントでもらった氷水のおいしさは
(しつこいようだけど)2日たった今でも忘れられない。
たった10kmでまいっていてはいけないんだけど、
ほんと、電気ストーブの前でブログを読んでもらいたいくらい、あの日は暑かった。

それだけに、沿道で声援を送ってくれる人たちの姿はくじけそうになるランナーみんなを
支え続けてくれていた。走るのも苦しいけど、暑い中でひとりひとりに声をかけて
応援したり、1000人以上のランナーに水を汲んで手渡すもの大変だっただろうと思う。
この人たちは2時間以上もここに立って声を出してくれているんだろうかと思うと、
おじぎをしながら走りたいくらいだった。(そんなことをしていたら腹筋と背筋が
壊れていたと思うけど・・・)

9日の晩は香住の宿にみんなで泊まった。男1人に女5人だから宿の人が
「お部屋、分けなくて大丈夫ですか?」と何度も何度も聞いてきた。
(実は予約の電話を入れた時も何度も聞かれた)
毎年一緒にスキーに行ってる子が「だいじょーぶです、いつも一緒なので」
と言ってくれたけど、それでも心配そうな顔をしていた。

ま、そんなことはどーでもいいとして、宿の料理がこれまたすごかった。

060911kasumi01.jpg

写真には全部写っていないけど、9月に解禁になったばかりの紅ズワイガニのゆでたもの、
カニの釜飯、カニの天ぷら、カニの小鍋、焼きガニ、それに加えてお刺し身、お吸い物、
デザート、とにかく凄いメニューだった。もう、みんなにこのお宿を紹介したいくらい。

翌朝、早く目が覚めたので、
6時半に浴衣からランニングウエアに着替えて
少し朝の街を走ってみた。
フフ・・こんな気分になることもあろうかと、
ランニングウエアをもう1セット持ってきていたのだ。

宿の外でストレッチをして走り出すと、霧雨が降っていた。
涼しくて、前日と同じ土地にいるのが信じられないくらい。
宿を出てすぐに信号があって、その交差点を右へ曲がると
海へ、左へ曲がると山の方へ続いている。もちろん、
朝一番から前日の苦しさを思い出したくはないので、
迷わず左へ曲がる。

いちおう鳥取へ続く国道みたいだが、山に向かって上りが
続いている。そういえば宿のおかみさんが、
クルマで30分走れば鳥取砂丘へ行けると言っていた。

その坂は峠まで続いているのか、ずっと上りが続く。
箱根駅伝ってこんな坂道を延々と走るんだろうな。
雨は少し強くなって、途中からは霧雨ではなくなっていた。
水蒸気が付近一帯にたまっていて、
雲が山の中腹まで下りてきたみたいになっている。

ずっと上り坂なのに、走っていてぜんぜんしんどくない。
当り前だ。しんどいと思ったらスピードを
落とせばいいんだから。右を見たり、左を見たり、
後ろを振り返ったりして景色を見ながら
苦しいとも思わずに上がっていく。
レースじゃないランニングってこんなに楽しいんだと
初めて思った。

2kmほど上って、そこから折り返してまた下りを走った。
トンネルの中を走るのが怖かった。トンネルの中を
ランニングしている人間なんて普通はいるわけないので、
それに気付いていないドライバーに轢かれたらどうしようと
思うと、けっこうスリリングだった。

途中、余部と書いたバスが走っていたので、あのまま
走っていたら余部鉄橋まで行けたんだろう。

なんか、前日のレースと違って、積極的に走らなくても
いいし、根性も出さなくていいし、誰かがコースを
決めているわけでもないし、すごく走っていて楽しかった。
ホノルルも、こんな気分で走れたらいいなと思った。
posted by まこと at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

香住潮風マラソンレポート

9日の朝は7時20分に家を出て、8時12分大阪発の特急北近畿1号に乗り、
2時間40分かけて城崎温泉へ。前日の昼に晴れの予報だったのが、夜には雨の予報に
変わり、朝にはまた晴れの予報なっていた。電車から外を見ても、青空が広がったり、
一面雲におおわれたり、走る場所によって空の様子がぜんぜんちがう。

060910kasumi01.jpg

尼崎、宝塚を通って城崎温泉へ、兵庫県を南から北へ縦断するわけだから、
電車はほとんど山の中を走る。城崎温泉で普通に乗り換えてまた30分。

着いたのは、カニで有名な
漁業の街、香住。

磯の香りとか、波の音とか、
そういうのよりも、とにかく「暑い!」。
「!」マークを100個付けたいくらい暑い!!
香住地方の9日の最高気温は34.1℃、湿度73%。

参加賞のカニ寿司(これはウマかった)、箱詰めされた魚の干物、岩のり、書類ケース、
シューズ袋、あとは抽選会で当たったお酒などを各自持って、とりあえず日陰に入る。

日陰に入ると、もう外へは出られない。
よくアスファルトの上でミミズが干からびているのを見かけるけど、
日なたへ出てアップなどしようものなら、自分がそんなふうになりそうだからだ。

5kmの部が2時にスタートして、しばらくすると速いランナーはゴールして
自分の荷物の置き場所に戻ってくる。みんなまるで、15ラウンドを闘った
ボクサーのようにウエアをビショビショに濡らして疲れきっている。
やっぱり今日のレースは過酷なんだ・・・・・。

そして2時50分、10kmの部がスタート。
ピストルの音で一斉に走り出すが、走り出してすぐに、今日はタイムを狙うのは
無理だとわかる。まるで高温のサウナの中を走っているみたいだ。

約3km強の半円形の湾を走る。湾になっているので、湾の向こう側を走る先頭集団が
小さく自分の位置から見えてしまう。あんなところまで走るのかとゾッとする。
暑くて辛い思いをしながら走っている者にとって、これは精神的に悪い。

湾を走りきると、岬を回りながら折り返し地点に向かって2km弱を走る。
ここから上りが始まる。まだ半分も走っていないのに、足にこたえる。
先頭ランナーとすれ違わないということは、折り返し地点はまだまだ先なのか。
自分もしんどいけど、まわりのランナーの走りも軽快には見えない。みんなキツイんだ。

坂を上りきって岬を回ると折り返し地点が見えてくる。
ここまで2ヶ所の給水があったけど、中間で給水をとるつもりでいたので、
いずれもパスした。そしてヘロヘロになりながら、ようやく折り返し地点。

げっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・給水がない!!!!

なんでだ!!???
RUNNETには[給水:折り返し付近]と書いてあったじゃないか。

ここから先は、砂漠の中でオアシスを探してさまよっているかのような走り。
はたして帰りは給水があるんだろうか。あっても水がなくなっていたらどうしよう・・。
そんなことを考えながら、体はどんどん重くなる。足はぜんぜん前に出ない。

オアシスのようにキラキラ光って見えた給水ポイントは7km付近にあった。
手渡されたコップからガブガブと飲んだ氷水の美味しさは今でも忘れていない。

そしてまた、足が前に出ない走りは続く。ほんとに前に出ない。情けないくらい・・。
俺はこんなヨタヨタした走りをするために電車に4時間も乗って来たのか・・・。

今回は5km地点でも時計を見なかった。残り2km、残り1kmでも見なかった。
どう考えても60分は超えるだろうと思っていたので、見る気もしなかった。

前を走るランナーのスピードがすごく遅いのに、それも抜かすことができない。
あまりにも暑くて、足が重たくて苦しいのが情けなくて、
「俺は、俺は俺なりに練習しとんじゃー」と心で言って(そう思うことで、
体の奥から力が湧いてこないかなと思いながら)2人ほどは抜かした。

ゴールが見えて、なんとかスピードを上げたつもりが、ラストスパートと呼べるような
走りにはならなかった。こんな苦しいレースは始めてだった。

060910kasumi03.jpg 060910kasumi04.jpg

ゴールしてから、時計を見てびっくり。
47分06秒だった。

自分の走りの感覚と結果が一致していないので、しばらくはよく理解できなかった。
完走証をもらいに行ったら[47分11秒]と印字されたので、
ようやくそこで、ホントのタイムなんだとわかった。

こんなに苦しいコースだったのに、どうしてこんなタイムだったんだろう。
今でもわからない。
苦しんでも、走るたびに自己ベストが出るというのは、
初心者ランナーならではというところなんだろうか・・・。

今回は、自分以外は5人の女性だった。同じ苦しみの中をみんな頑張っていた。
自分がゴールした後は、みんなの応援をしたんだけど、
暑さと湿度に負けないために体の奥底から闘志を引っ張り出して走っているような、
そんな不屈の粘りを見せながら懸命にゴールを目指していたのが感動的だった。

とにかく、こんなに辛い、そしてこんなに水のおいしかった大会は初めてだ。

060910kasumi05.jpg
posted by まこと at 22:39| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

香住潮風マラソン

香住潮風マラソン、とりあえず完走したぞ。

パンフレットにはこう書いてあった。
「潮風を浴び、磯の香りを感じ、海岸線の風景を楽しみながら
誰にでも気持ちよく走っていただけます」

ウソやー!

死ぬほど暑いし、湿度は高いし、キツイ登りはあるし、
神鍋より過酷やんかいさぁ!

詳しくはあしたの晩に書くとして、今日は泊まりなので、
今から好きなだけ飲み食いするぞーっ。
posted by まこと at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。