2006年08月10日

神鍋の参加証が到着

今日は大阪の気温が36度を超えたらしい。

朝走り始めた時はいつもより涼しく感じたんだけど、20分くらいたつと
猛烈に暑苦しくなってきて、家に帰ってシャワーを浴びて、朝ご飯を
食べていても、吹き出す汗が止まらない。

タオルで拭いても拭いても、自分の体が、まるで水滴のついたビアジョッキのように
なってしまう。

走っているだけでもカラダからボトボトと落ちるくらい汗をかくのに、
いったいこの汗はいつになったら止まるんだろうと不思議な気分になってくる。

この時期に走る人は、みんな同じ状態なんだろうな。

そんな中、27日に走る神鍋高原マラソン(10km)の参加証が届いた。
封筒を開けると、ゼッケンの引換証やバスのチケット、宿のチケットのほか、
地元の中学生の、手書きのメッセージカードが入っていた。
060810letter.jpg
マラソンに参加するひとりひとり宛に、それぞれ違う子がメッセージを書いている。
なんて温かい大会なんだ。

以前に、この大会に出た人から「地元の方のサポートが嬉しく心に残る大会ですよ」
というコメントをいただいてたんだけど、会場へ行く前からこんな感動を
与えてもらってしまって、感動しぃの自分としては、まだ走ってもいないのに、
「来年もゼッタイに出よ!」っと思ってしまった。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。