2006年08月08日

熱闘!甲子園

昼間から高校野球中継がテレビで見れるのは喫茶店や大衆食堂だけではない。
うちの事務所もそのひとつだ。

社員の女の子と二人で
「どっちも勝たせてあげたいですねぇ・・」
「甲子園はプロ野球と違って負けたら終わりやからなあ」
「キャー、打ったぁ〜」
「うぉぉぉぉ! 同点や〜」
「頑張ってほしいですねぇ・・」
「エライ試合になってきたなあ」
「暑いでしょうね〜」
「球場はすり鉢状になってるから暑いデ〜」
「あ〜・・・あのピッチャー、もう泣いてるぅ」
「俺、こんなんに弱いんや・・」

などと、テレビの方ばっかり向いている。
っていうか、今日はヒマだった。

060808basebool.jpg

その中でも第1試合の文星芸大付には久しぶりに興奮した。

4点差を追いついて、そのあと5点リードされてもまた追いついて、
最後にはサヨナラ勝ち。
(こいつら、スゴイ)と思ったのは、点差がどれだけ開いても、
誰も負けを覚悟したような顔をしていなかったことだ。

週末に鳥取へ旅行をした時、宿のテレビでウォーター・ボーイズとスイング・ガールズの
映画2本立てをしていて、その中でこんなセリフがあった。

「すべての人間は2種類に分けられる。やり遂げる者と、あきらめる者だ」

高校野球といい、青春映画といい、
(うぉぉぉぉぉ〜! 俺もやり遂げるどぉ〜!!)と燃えさせてくれるネタの連続だ。
意気込みに、肉体がついて来れないかも。

本日のランニング…朝、家の近所を6km
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。