2006年07月16日

ヘナチョコ万博RUN

なにせ前の日はカンカン照りの下でバーベキューをしたもんだから、
ビールをガボガボ飲んでしまって、今朝起きたら頭蓋骨の中にアルコールが
残っているような感覚があった。

しかぁ〜し!!今日の午前中は5日ぶりに走ると決めていたので、
またまたカンカン照りの中、万博公園に向かった。

060716expo02.jpg

「飲んだ次の日ほど走る」の自分ルールに従って
不屈の精神で走り始めたつもりでいたものの・・・
30度を超える日のランニングがこんなにしんどいとは・・・。
アルコールのせいだとは思いたくないけど、
ゆっくり走っているのに足が軽やかに前に出ない。
こっちは炎天下で走ってるのに、エキスポランドのプールからはキャーキャーと
楽しそうな歓声が聞こえてくるし。

今日の目標は、1周5kmの外周道路を、少なくとも2周、できれば3周。

ずっとヨレヨレだったけど、
一番しんどかったのは、2周目の初めと、同じく2周目の終わりかな。
も〜しんどい・・・、も〜足が前に出ない・・・、止まりたい・・・、
この場に寝ころびたい・・・なんでこれしきの距離でこんなにヘトヘトに
なるんだろう・・・・、俺もプールに入りたい・・・、もう死ぬ・・・・、
などと大げさに泣きを入れながら、なんとか3周走った。

何人ものランナーとすれ違ったけど、みんな俺を見て、
「なんでこいつ、こんな泣きそうな顔で走ってるんだろう・・」
と思ったかもしれない。

060716expo01.jpg

これは、歩いているように見えるけど、3周目を走っているヨレヨレの姿。
でも、こうして写真で見ると、以前よりもふくらはぎが細くなっている。
それにしても、どうして俺は、いつまでもこんなヘナチョコなんだろう。

とりあえず家に帰ったら足の付け根や膝やふくらはぎが痛くなっていたので、
冷蔵庫から保冷剤を出して、サポーターの中に突っ込んでそこらじゅうをアイシング。
ちゃんと手入れをしておかないと、痛めそうな予感が、足のあちこちで起こっている。

昼飯を食べた後は、ぶっ倒れるように昼寝をして、
晩は近くの映画館に[ M i : 3 ]を観に行った。

ミッション・イン・ポッシブルの最新作は、
まばたきをするのももったいないくらい、メチャクチャ面白かった。

それにしてもトム・クルーズは映画の中で、惚れ惚れするようないい走りをしている。
イーサン・ハントのような、強靱でしなやかで俊敏な体が欲しい。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。