2006年07月14日

ノルディック・ウォーキング

060714pole.jpg筋肉を痛めている時は何もしないに限る。
ただ、何もしないと時間だけが過ぎていくので、
この前、ランニング専門店で少し教えてもらった
ノルディック・ウォーキングをやってみた。

060714walk.jpg
今日はいつものカバンをリュックに換えてみて、
家から駅までの20分間を歩いてみた。

それ用のポールは持っていないが、
昔、オフシーズンにインラインスケートを履いて
スキーのトレーニングをするために買ったポールを代用した。
ノルディック・ポールと同じで、先がゴムになっているので。

ポールを後ろに突きながら地面を押して歩くと、
腹筋と背筋に力が入り、肩が開いて肩甲骨がよく動く。
20分間、腕の振りや上半身の姿勢を意識して歩いたら、
そこそこ汗もかいて、駅に着いた時には少し息も切れていた。

今日はそれにプラスして、午前中に京橋のクライアントで打ち合わせがあったので、
終わったあとで京橋から北浜の事務所まで歩いて帰った。
書類の入ったカバンを持っているので、もちろんポールは持っていないけど、
さすがに今年一番の猛暑の中、30分ほど早歩きををしたら、
なんとなく体脂肪が燃焼したような実感。
ウォーキングをしている限り、太股の付け根も痛くないしね。

そして今日は、家に帰る時も、駅から家までまた20分歩いた。

朝・昼・晩と歩いてばかりいたけど、これはこれで、歩くのもけっこう楽しい。

この前初めておじゃましたランニング専門店の店長は、
ノルディック・ウォーキングだけでトレーニングして、
次のマラソン大会は自己ベストを出すと言っていた。
(もちろん、かなり長時間のトレーニングだと思うが)

そんなにすごい効果があるんだろうか。
ま、ウォーキングに関しては、俺は続けるかどうか、まだわからないけど、
やってみると、ウォーキングもいいもんだ。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。