2006年07月31日

雨の7月が終わった

今朝、出勤する前に6km走った。
いつも通り太股は痛いんだけど、今日は信じられないくらい走り方が変で、
ギッコンバッタンというかバタバタというかギシギシというか、
まるで油を注してもらってないロボットのようにぎこちなくて、
いつもと同じ距離なのにすごく時間がかかった。
いったいどうしたんだろう・・・。寝起きだから、体が走り方を忘れてたのかも。

そんな朝のランニングを終えて、そして、
暑い夏というよりも、雨の多かった7月が終わった。

今月は150kmくらい走っただろうと思って、家に帰ってから
走った日を書き込んだ表を見ながら電卓をたたいて計算してみたら、
190km走っていた。
先月も書いたけど、こんなに走ったのは生まれて初めてだ。
というか、こんなに走る予定じゃなかったし。

そして、走った日数はというと、19日間だった。
19日走って、12日休み。
どの月もこんなもんだったけど、自分としてはもうちょっと日数を増やしたい・・かな。
12日休んだと思うと、すごくサボってしまったような気分・・・・。
自分で自分に理想を言うなら、ホントは25日間くらい走りたいんだけど。
ま、それは今後の心がけとして、
8月も(故障を治すことが優先だけど)練習することを楽しめたらいいな。
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

関空発ホノルル行き

今朝のランニングはちょっと体が重たかった。
当り前だろ。きのうはビールばっかり飲んでたんだから。
それでもこの暑さの中を万博へ向かって出かけ、外周道路を3周。

2週間前に同じ距離を走った時は足を引きずるようにしていたけど、
今日は(ゆっくりだったとはいえ)まだしっかり走れた。
心肺能力も未発達だし脚力もまだ弱いけど、
それなりに少〜しずつ力がついてきてるんだろうか。

昼からは父親の散歩に付き合った。
これが、わずか600mほどの散歩コースなのに、朝15km走ったよりも時間がかかった。
父は足がどんどん弱くなっているので、途中でへたりこんで休憩してる時間が長くて、
玄関を出てから帰ってくるまで3時間半かかった。
父はそうとう疲れただろうと思う。こっちもそうとう疲れたけど。

明日になって足腰が立たなくなってはいけないので、父の両足をマッサージしておいた。
足が疲れた後のマッサージは、自分がお世話になってる接骨院仕込みなのでお手のもの。
炎天下に無理やり歩かせた息子も厳しいけど、ケアはしておいてあげないとね。

日頃運動をせずに足腰が弱ってしまった父を見てるので、自分は、ランニングにしろ
ウォーキングにしろ、年を取ってからも運動は続けるだろうな。
これって反面教師の典型かな。
もちろん父親からは、“反面”でばかり学ぶわけじゃないけど。

あとは、家の前の溝に枯れ葉が山のように積もっていて、大雨が降るとそこから
水が道路に溢れて他の家の迷惑になっていたので、それも掃除した。
泥や葉っぱの中からは売りにいけるほどミミズがムニュムニュとたくさん出てきた。

きのうはビールばかり飲んでいたけど、今日は親の散歩に付き合ったり、
家の前を掃除したり、なんだかとっても好青年な一日だ。

夕方からは、弟を富田林まで送っていって降ろし、
その続きに高速を飛ばしてハワイへ旅立つために関空へ。

間違えた。ハワイへ旅立つカップルを見送るために関空へ。

友達が明日、ハワイの教会で式を挙げる。
060730kansai.jpg
最初は一緒についていって、結婚式に立ち会って、
ついでにホノルルマラソンのコースもジョギングしたりなんかして、
と計画してたんだけど、平日に何日も休みはとれないし、
年に2回もハワイに行くほどのお金はないし、やっぱ無理だと断念した。

だけど、4カ月ちょっと先には、今度は自分の荷物を持ってまたここに来るんだ。
その時、自分はどんな気持ちでここに来て、どんな気持ちで搭乗手続きをして、
どんな気持ちで飛行機に乗るんだろう・・・・。
やることはやったと、自分なりに納得して来たいもんだ。
4カ月なんて、あっという間なんだろうな。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

海でビール

熱い陽射しのもと、砂浜でビールを飲んで過ごしてこそ
夏を感じる・・・というわけで、毎年恒例になっている
「ひなが一日、海でビールを飲む会」という名のもと、
明石の大蔵海岸で一日ビールを飲んで過ごした。

直射日光を浴びながらだと、飲んでもすぐにアルコールが蒸発するような気がして、
しかも喉も渇くし、ビールを水のように飲める。

今日はランニング好きが集まったわけじゃないんだけど、
今の仲間内の雰囲気として、自然にそんな話題になったりもする。
「この前ジムに入会してから3回走った」とか
「走り終わったあとで、どこが痛くなった」とか
「ストレッチはどうすればいいのか」とか
「ランニングマシンでこけた」とか
「走っているとお腹の肉が重たい」とか
「お灸は効くのか」とか
「ヌデレバに体型が似てる」とか
「そんなこと言われてもうれしくない」とか
「夜中にブログを見たら更新されてなかったやん」とか

まあ、海でビールを飲みながらの会話なので、真剣に語り合ってるわけでも
なんでもないし、もちろん砂浜でランニングを始めるわけでもない。
でも、そういう話題になることイコール体を動かそうと意識してる人が
増えてるということか・・・?

帰りは近くの風呂屋で汗を流した。
ここからはご当地情報になるが、大蔵海岸の西側にある「龍の湯」というのは
素晴らしい施設だった。
サウナや気泡風呂はもちろんだけど、寝湯、電気風呂、しょうが湯、ひのき風呂、
岩風呂、石釜風呂など、まるでお風呂のバイキングのように種類が豊富だ。
露天風呂も4つくらいあって、湯船以外は畳敷きになっている。
これが歩いていて気持ちがいいし、体を伸ばして寝てる人もいる。
そして明石海峡大橋と淡路島を一望しながらお湯につかれる。

ひととおり全部のお湯につかってみたけど、最近はどこの風呂へ行っても、
一番長い時間つかっているのは、水風呂だ。
今はすっかり冷たい水風呂好きになってしまった。
060729akashi.jpg
posted by まこと at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張ってる父と息子

この春に陸上部に入部した中1の次男。
今日はその初めての大会があるので、午前中は事務所をまかせて
長居陸上競技場に行ってきた。

060728nagai01.jpg

この猛暑の中、逃げも隠れもできなく、
しかもすり鉢状になっている競技場。
グラウンドには熱中症への注意を促す放送が
しきりに流れていた。

陸上をやっている子って、どうもメッセージ入りのTシャツが好きみたいだ。
子供たちの背中を見てると、いろんな言葉がバックプリントしてある。
  「努力の先に花が咲く」
  「栄光に近道なし」
  「走らされてんじゃねえ、走ってんだ」
  「走思走愛」
など、など。演歌っぽかったり、暴走族みたいだったり、
「いいねぇ、その言葉」と共感できたり、チェックしてるとけっこう面白い。

息子が出場したのは走り幅跳び。
1回目は踏み切りが合わず、砂の上を駆け抜けただけ。2回目、3回目は
ちゃんと飛んでいた。たいした距離じゃないかもしれないが、
1年生の最初の大会なので、こんなもんだろう。
このまま幅跳びの選手になるのかどうかも分からないし。
でも、よちよち歩きだった我が子が力いっぱい助走して飛んでる姿を見ると、
それなりに、ちょっぴり感動する。

というか、「自分との戦い」である陸上競技をしていること自体、尊敬してしまう。
父さんはいつも応援してるから、3年間、がんばれヨー。

そして夜は、「ゴメン!」と言いながらまたまた事務所をまかせて、
ランニングショップの練習会に初めて参加してみた。
ヨメと、友達2人を連れて、合計4人で行ってきた。
(朝と夜、2回事務所をあけるのは、さすがにヒンシュクだとは思う・・・が)

大阪城公園へ行き、「頑張らない練習ですから」と言われながら、
1周2.4kmのコースを走る。何週走るとか、どんなペースで走るとかは、
個人の自由。多い人で4周走る。
(友達2人は、ランニングではなく、ノルディック・ポールを使ったウォーキングの
講習に参加していた)

いつも朝または昼に走っていたので、夜の暗い道を走るのは初めてだったけど、
直射日光がジリジリと照りつけることもないし、風も吹いてくるし、
けっこう涼しくて快適なランニングだった。
雨のランニングもいいけど、夜のランニングもいいかも。
ま、「快適だった」ということは、速度的には「頑張らなかった」ということだけど。
posted by まこと at 00:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

やいと

060727Q01.jpg
これは何かというと、お灸である。
股関節の痛みがとれないので、こんな治療法もあるかなと思って買ってきた。

昔よく、おばあちゃんがモグサをひとつまみ、皮膚の上につまんで乗せて、
線香で火をつけていた。
子供ながらに、(すごく熱いんだろうな、おとなってスゴイな)と思って見ていた。

子供の頃よく母親やおばあちゃんや親戚のおばちゃんに、
「言うこと聞かへんかったらっ! やいとするよ!!」と言われた。
大人になった今、それを自分で自分の体にすることになるとは・・・。

ゆうべ寝る前に、ライターで火を着けて、太股の裏の、ツボと思われる場所に
貼ってじっとしていた。途中、ツツツーっという熱さが感じられて、それで終わった。
効いてるのか効いてないのか・・・。今朝走った時は、その効果はあまり感じなかった。
きっと、1回で効くものでもないんだろう。
            060727q02.jpg
今朝は久しぶりに池の回りを6km走った。
新聞の見出しに「突然の夏」と書いてあったが、その言葉通り、
梅雨の晴れ間とはまったく違う強烈に熱い陽射しだった。
これからいよいよ真夏のランニングが始まるのか、と覚悟させられるような、
アチチって感じの陽射しだった。
            060727q02.jpg
夜はまたまた、あまり時間がないのに無理やりスポーツジムに寄って帰った。
ストレッチと、ちょびっとの筋トレと、ちょびっとのランニングをするために。

ブログを更新したら、今夜もお灸をすえて寝よう。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

献血の結果

今日は仕事ばかりしていたので、楽しい話題はない。
いや、仕事は楽しんでやってるけど、ブログに書くほどの楽しさじゃないし。

この2日間、まったく走っていない。2日間ランニングを休むと、
すご〜くサボったような気になる。それほど毎日のように練習をしてるのかというと、
そんなことないくせに、意識だけはいっちょ前だ。

最近は、その日にならないと忙しさが分からない。
きのうのようにお祭りに行ける日(85万人の人出だったらしい。そりゃ歩けないのも
当然だ)もあれば、止まっていた仕事が動き出す時もあるし、
急に呼び出されて、時間のない仕事をダダダっとこなす日もある。
今日などはその典型的な例で、3時頃に訂正の入った仕事をドワァァァ〜っと
9時頃までかかって片づけた。やろうと思えば他にも仕事があるんだけど、
なにせ2日間走ってないので、ちょっとくらいは体を動かしておこうと思い、
あしたできる仕事はあしたに回すという、いけないズボラな考えで事務所を出た。

ジムで30分だけ走って、家に帰ると献血の結果が届いていた。
060726kensa.jpg
うれしいことに、4カ月前と比べてコレステロール値が下がっていた。
それどころか、肝臓の値や赤血球数、赤血球のヘモグロビン濃度は、
過去5年間で最もいい数値だった。

要するに、肝臓は健康やわ、肺から体の組織や細胞へ酸素をたくさん運ぶ体に
なってるわ、早い話が、この5年間でいちばん健康な肉体だということ?
ね、そういうこと?
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

天神祭 本宮

今日はだぁぁぁぁーっと仕事を片づけてスポーツジムへ行って、
違和感が残ってスッキリしない太股をメンテナンスするためにも
にゅーねんにストレッチをして、他の部分も筋トレして、
調子次第でランニングもして・・・と決めていたのに、夕方からなんとなく
天神祭に行きたい行きたい行きた〜いモードになってしまい、
結局は祭りに行くために仕事をだぁぁーっと片づけたことになってしまった。
060725tenjin.jpg
まあしかし、とんでもない人出だった。
結果的には、花火を見に行ったというよりも、船渡御を見に行ったというよりも、
露店をひやかしに行ったというよりも、ただ単に何十万人という人ごみの中の1粒に
なりに行ったようなもんだった。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

天神祭だった

ちょい急ぎの仕事が入ってきたりなんかしていて、
今日はランニングができていない。
土・日に頑張った疲れも残っていて太ももの付け根も相変わらず痛いし、
ま、今日はいいか、って感じ。

その分、通勤と、打ち合わせの移動を利用して
100分くらいウォーキングはできた。
あと、仕事中に何度かストレッチと。(急ぎの仕事はしなくていいのか・・)

打ち合わせの帰りにウォーキングがてら歩いていると、天満橋のあたりが
賑わっていて、橋の上には提灯がたくさん吊るされているし、
ゆかた姿の女の子たちがうちわを配っていた。

060724tenjin.jpg

今日は天神祭だったんだ。すっかり忘れていた。

話を元に戻して。
ここのところ自分のまわりではウォーキングがちょっとしたブームで、
先週ランニングショップへ一緒に行った女性は
この土曜日にノルディックポールを使って6km歩いたらしい。
ヨメも今日は駅まで速足で20分の道のりを、バスを使わずに歩いて往復していた。
うちの社員(20代前半女性)も以前から、
仕事が終わったら家まで40分かけて歩いて帰っている。
そしてその子もついに、ランニングショップで買ったシューズを履いて
家のまわりを2.5km走ったそうだ。

新しいシューズの感想はと言うと、「靴が軽く感じて、足がどんどん前に出る」らしい。
そんな不思議なパワーを持っていたのか、あの靴・・・。

その子は、何カ月も前から毎日腹筋も100回やってるし、
俺が教えてあげたおすすめブログ(みなさんのブログですよ)も読んだりしている。
こういう、コツコツと続ける子が、気がついたら大化けしていたりするんだろうな。

人のことはいいから、オマエも努力しろって? はい。すみません。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

野外フェス

きのうのランニングの疲れも残っていたけど、
走っておける時に走っておこうと思い、とりあえず朝から万博の外周道路へ。

あまり時間がなかったのと、調子こいて怪我をしてもいけないので、
走るのは(1周5kmのコースを)2周と決めていた。
気持ちにゆとりを持たせるために、しんどければ1周でやめようと・・。
そう思うだけで、ほんとに気持ちに余裕ができる。

途中、4人の年配の男女のグループが横の道から外周道路に合流してきた。
男2人、女2人で仲よさそうにしゃべりながら走っているので、
どこかのランニングクラブの人なんだろうか。
年齢的には50代の後半くらいに見える。
そんなことを考えながら走っていると、みるみるうちに距離をあけられ、
気がついた時には追いつけないスピードでかなり前方を走っていた。

最近思うんだけど、ランニングを続けていると、女性が多いことに驚かされる。
年齢層も20歳くらいから高齢者まで広い。ゆっくり走っている人もいれば
けっこうなスピードで走っている人もいる。
女性のほうがランニングを好きになるというわけではなく、
たぶん男性は三日坊主が多いんだろうな。そんな気がする。

ま、そんなこんなで今日も12kmほど走って、午後からは
大阪のFM局主催の野外ライブがあったので、またまた万博公園に行った。
そういう意味では、今日はご飯を食べる以外は、ずっと万博にいたかも。

060723meet.jpg

たくさんの有名ミュージシャンが出てくる約6時間のライブで、
夕方以降はずっとジャジャ降りの大雨が続いていた。
でも、椅子も持っていったし、キャンプ用に用意している合羽も持っていったし、
足にはウォーターシューズを履いていったので、備えは完璧だった。
それに、雨が降っていること自体、今の自分には全然気にならない。
こんなところで雨ランの経験が役に立っているのかも。
posted by まこと at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

保冷剤を増やさないと

今日は午前中に万博公園の外周道路を走るぞーと決めていた。
今までで、今日が一番走っている人をたくさん見かけたかもしれない。
年配の人、お腹の出た人、いかにもランナーっぽいスリムな人、学生っぽい人、
性別、年代もさまざまで、ほんと世の中にはランニングを楽しんでいる人が多い。

060722expo map.jpg

午前中の天気は曇りで、時々陽が射す程度だったので、過酷な天気ではなかった。
走っていると、涼しい風も感じたし、今日は条件がいい方だ。

先週の15kmが自分にとってメッチャきつかったので、
今日はそれよりもゆっくりペースで走り始めた(元々ゆっくりだけど)。
呼吸が乱れない程度のスピード(自分の場合は6分/kmちょっとくらいかなぁ・・)で
走っている限り、5km、10kmならそんなにしんどくない。
足はあちこちダルかったり痛かったりするけど・・。

今日は15km走ろうと思ったんだけど、
「もうちょっと走ってみたら? まことちゃん」と誰かに言われたような気がして
(実際には誰もそんなことは言ってないんだけど)
20km走ってみようという気持ちで走ってみた。

時間はかかったけど、20キロ、走れるもんなんだ・・・。

最初の頃は1キロ走っただけで、ふくらはぎがつりそうになっていたのに、
半年間それなりに練習を続けていたら、少しずつ走れるようになるんだ。
フルマラソンは、これにプラスして、休みなしであと22.2キロ走らないといけないので
喜んでる場合じゃないのかもしれないけど、
今日みたいに未体験の距離が走れた日は、ちょっとだけうれしい。

それに、先週はしんどくて足元の地面を見ながら走っていたけど、
今日は前を向いて走ることができた。まあ、走っていると思ってるのは自分だけで、
まわりからはヒジを曲げて歩いてるようにしか見えなかったかもしれないけど。

ただ、30分や1時間で終わらない距離を走る時は、
空の色や、緑の色や、車道との分離帯に咲いている花を見たり、
すれ違う人や、自分を追い抜いていく人のフォームを観察したり、
そんなふうに気分に変化を持たさないと気持ちが持たないかも。
一流のランナーは、きっとどんな長い距離も集中して走るんだろうな。

走り終わったら脚があっちも痛いこっちも痛い状態で、
痛い場所を個別にアイシングするのも面倒だし、だいいち保冷剤が足りないので、
湯船に水を張って、ペットボトルに入った冷たい水を飲みながら、じーっと浸かっていた。
午後からは、当然のように眠りにおちて、それだけで1日が終わった。

最後に、痛い話をひとつ。
以前、何かの本かどこかのサイトで、男性は胸にバンドエイドとかを貼らないと、
乳首がシャツにこすれて血だらけになると聞いたことがある。
その時は「まさか・・」と思っていたけど、今日走り終わったら、
シャツの胸が片方だけ、赤い涙を流したみたいになっていた。
今、乳首がヒリヒリしてます。(ランニングって、ちょっとマゾ・・・・)
posted by まこと at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

大雨の影響

今朝もきのうの朝と同じような雨だったのに、今日は走らなかった。
なんでだろう。自分のことなのによくわからない。
朝の気分って、その日によって違うから、今日は気合いが入ってなかったんだろう。

夜は、仕事を終えるのがちょっと遅くなったけど、
「金曜日はジムがすいてるの法則」に従って、スポーツジムへ行った。

すると、定休日でもないのに館内が暗く、道路にスタッフが4人並んで立っている。
ストライキか!? と思ったら、
「申し訳ございませーん。ゆうべからの大雨が原因で漏電してしまいまして・・・・」
と説明しながら、ボードに箇条書きされた他の店舗を案内していた。
今から電車に乗って他の施設へ行くのも面倒だし、そのまま帰ることにした。
お詫びにと、ソイジョイを配っていた。

060721soyjoy.jpg

では家に帰ってから近所を走ったのかというと、
靴を脱いで服を着替える一連の流れでビールをプシュっと開けてしまうので、
けっきょく今日はな〜んにもしなかった。

朝、走っておけばよかったとか、集中して仕事を早く片づけて大阪城公園へ
行っておけばよかったとか、すべてはあとの祭りだ。
(太股の付け根が痛いので、あんまりはりきらない方がいいんだけど)

体を動かしたことと言えば、家から駅までの往復を歩いたり、
打ち合わせが終わったあとで事務所まで30分ほど早歩きをして帰ってきたりで、
ウォーキングだけは90分くらいしていたかもしれない。

それはそうと、スポーツジムのスタッフの人って、朝10時の開店から
ずっと表に立っているんだろうか。朝はかなり強い雨だったけど・・。
そして、閉店の12時まで立っているんだろうか。
交代はしてるんだろうけど、雨のせいとはいえ大変だ。
posted by まこと at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

久々、雨のランニング

久しぶりに雨の中を走った。
(今日は大雨洪水警報が出てなかったので)
目が覚めたら激しい雨が降っていたけど、今朝は気合いが雨よりも勝っていた。
結果的には、勝っていなかった方がよかったのかもしれないけど・・。

家を出て、10歩も歩いたら髪の毛もウエアもビショビショになった。
自分でも、ちょっとこっけいだった。

これがドラマだったら、20メートルほど先に恋人が傘をさして待っていて、
雨の中で立ち尽くす主人公と恋人が距離をおいて見つめあうシーンのバックに
小田和正が歌う主題歌なんかが流れてきて、
最終回までずっと見てきた人は、そこで涙があふれてくるという・・・
そんなシーンに似合うくらいの激しい雨だった。

すみません。雨の激しさを表現するのに説明が長すぎました。

走り出したら、カッパを着て傘をさしながらチャリンコに乗ったおばさんが
「うわっ、スゴ!」と言って通り過ぎていったり、
いつもの通学路にいるパトロールのおじさんが
「元気でんな〜」と言ったり、
そのうち靴の中からクチュクチュと下品にガムを噛んでいるような音が聞こえてきたり、
練習というよりは、シャワー室に服を着て入っていったような、そんなランニングだった。

夜は、「雨の日はジムがすいてるの法則」に従ってスポーツジムへ。
いつも通りにストレッチ、筋トレ、トレッドミルでランニング。

今日はトレッドミルの斜度をいつもより、たった0.4%上げてみただけなのに、
倒れそうなくらいしんどかった。
1.4%から4.8%までを一定時間ごとに上がったり下がったりするだけなので、
たいした斜度じゃないんだけど、止ってしまいたいくらいしんどかった。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

献血10回

「あしたの朝は雨が降っても走るぞー」という気合いが
粉々に打ち砕かれるような今朝の雨。
大阪府全域に大雨洪水警報が発令され、ランニングどころか
隣の家が流れてくるんじゃないかと心配になるくらいの強烈な雨量だった。

ということで、朝は何もせずにスゴスゴと出勤。
仕事の用事で事務所から外へ出たら、市役所の前に献血車が止っていたので、
1本抜いてもらった。
060719kenketu.jpg

前回が3月だったから、4カ月ぶりの献血だ。
今日は天気も悪かったので、献血する人も少ないらしい。
俺が行ったのが3時半頃だったけど、まだ24人目だと言ってた。

献血が終わってバスの外でオレンジジュースを飲んでいると、
係の人がやってきて、「献血10回目です」と言って、品物をくれた。
献血って、回数を重ねると記念品がもらえるんだ。知らなかった・・。

060719sakazuki.jpg

ガラス製のぐい呑みで、作家さんのプロフィールやコメントも入っていた。
きれいなぐい呑みだけど、どうしてぐい呑みなんだろう。

あ、「20歳の献血」と「酒は20歳を過ぎてから」をかけてるのかな。
んなわけないよね。


夜は知合いを連れて、2回目のランニングショップ訪問。
前回もそうだったけど、今日も3時間くらい居座ってしまった。

060719RWS.jpg

連れていった友達も、店長と話し込んでいるうちにすっかり気に入ってしまって、
ランニングシューズやウエストバッグやノルディック・ポールを買って、
そのあと焼き肉を食べて、やる気万々で帰っていった。
posted by まこと at 23:59| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

オリジナル箸袋

060717hashi.jpg実はゆうべは、行きつけの洋食屋さんで晩ご飯を食べた。
そこはご夫婦でやっていて、愛想のいい奥さんと、
料理が天才的に上手いご主人と、もうひとつ魅力がある。

それは、そのお店のオリジナルの箸袋で、
そのご夫婦の(たぶん70代の)お父さんが、
ひとつひとつに違う絵を描いている。
1日にどれくらいのお客さんが入るのかは知らないが、
たぶん1年に1万点以上の絵を箸袋に描いていると思う。
ある意味、すごい偉業だ。

いつも大事にもらって帰るんだけど、
きのうはハワイっぽいイラストだったのでブログに載せてみた。

というわけで、ハワイの箸袋が目の前にあってもハワイには行けないわけであって、
あと5カ月、「しっかり」練習しなければ・・。

夜中にたくさん雨が降っていたが、目が覚めた頃には止んでいたけど、
降っていても走ろうと思っていたので着替えて外に出た。
「しっかり」というほどではないけど、6km走って帰ってくると雨が降りだした。

なんか、自分のために、雲が雨を降らせる作業を中断してくれていたみたい。

太股の痛みも、走っているけど悪化はしない。むしろだんだんとよくなっている。
走る前も、走ったあとも、それ以外の時もストレッチをしているのがいいのかもしれない。
何ヶ所か怪我をして、走りたいのに走れない時期があったり、恐る恐る走って
よけいに悪化したりする経験をすると、ほんとにストレッチの大切さがわかる。

ストレッチは、怪我の予防にも役立つし、怪我の回復も速める。
朝起きた時に、カラダやアタマをしゃきっとさせる効果もあると思う。
血行がよくなるとか、新陳代謝にいいとか、他にもいろんなメリットがあるんだろうな。

最近気付いたんだけど、
ミスチルの新曲「箒星(ほうきぼし)」の中にもこんな詩が出てくる

  ♪最近ストレッチを怠っているからかなぁ?
   上手く開けないんだ、心が。ぎこちなくて

ほら、やっぱりいろんな意味でストレッチって大切なんだ。
posted by まこと at 22:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

伊賀焼のふるさとへ

朝から、どれだけ降れば気が済むんだというくらい激しい雨が降り続いていた。
今日、走る予定をしていたら最悪だったかも。

060717iga02.jpgというわけで、今日は
阪急百貨店に出展してたお店訪問の第二弾。
三重県にある伊賀焼の窯元へ行ってきた。
さすがにこの雨だから、みんな行楽地へ行く予定を
キャンセルしたのか、高速道路もガラガラ。
三連休の最終日なので渋滞を覚悟してたのに、
060717iga03.jpg家から1時間ちょいで着いてしまった。
名神の茨木インターから京滋バイパスを経由して
三重県のICで高速道路を降りたあたりで
メーターを見るとちょうど45kmくらいだった。
(フルマラソンって、ほぼこれくらい走らないといけないのか・・)
って、すぐそんなことを考えてしまう。

060717iga04.jpg伊賀焼というのは、火に強い性質から、
土鍋が有名らしい。
この季節なのに、土鍋がいっぱい並んでいた。
もちろん、こんな暑い季節にわざわざ交通費を使って
土鍋を買いに行ったわけではない。

3時間くらいウロウロしながら、お皿や器をいくつか買って、
伊賀焼の器でお食事もいただいて帰ってきた。
雨は一日中ずっと降り続いていた。
天気予報では水曜日まで雨が続くと言っている。

家に帰ったら、ニュース番組で、75歳でチョモランマ登頂に挑戦する
三浦雄一郎さんの特集をしていた。2年後の挑戦に向けて、
今回チョモランマのすぐ隣りにある、標高8,000mのシシャパンナに
挑んだ映像が映っていた。

ゆっくりした足取りで、雪の積もった斜面を1歩ずつ(8,000mの)山頂を目指して
進む姿を見ていると、自分の目標なんて「たかがフルマラソン」くらいに思えてくる。

録画しておいたので、時々見たら勇気をもらえるかも。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ヘナチョコ万博RUN

なにせ前の日はカンカン照りの下でバーベキューをしたもんだから、
ビールをガボガボ飲んでしまって、今朝起きたら頭蓋骨の中にアルコールが
残っているような感覚があった。

しかぁ〜し!!今日の午前中は5日ぶりに走ると決めていたので、
またまたカンカン照りの中、万博公園に向かった。

060716expo02.jpg

「飲んだ次の日ほど走る」の自分ルールに従って
不屈の精神で走り始めたつもりでいたものの・・・
30度を超える日のランニングがこんなにしんどいとは・・・。
アルコールのせいだとは思いたくないけど、
ゆっくり走っているのに足が軽やかに前に出ない。
こっちは炎天下で走ってるのに、エキスポランドのプールからはキャーキャーと
楽しそうな歓声が聞こえてくるし。

今日の目標は、1周5kmの外周道路を、少なくとも2周、できれば3周。

ずっとヨレヨレだったけど、
一番しんどかったのは、2周目の初めと、同じく2周目の終わりかな。
も〜しんどい・・・、も〜足が前に出ない・・・、止まりたい・・・、
この場に寝ころびたい・・・なんでこれしきの距離でこんなにヘトヘトに
なるんだろう・・・・、俺もプールに入りたい・・・、もう死ぬ・・・・、
などと大げさに泣きを入れながら、なんとか3周走った。

何人ものランナーとすれ違ったけど、みんな俺を見て、
「なんでこいつ、こんな泣きそうな顔で走ってるんだろう・・」
と思ったかもしれない。

060716expo01.jpg

これは、歩いているように見えるけど、3周目を走っているヨレヨレの姿。
でも、こうして写真で見ると、以前よりもふくらはぎが細くなっている。
それにしても、どうして俺は、いつまでもこんなヘナチョコなんだろう。

とりあえず家に帰ったら足の付け根や膝やふくらはぎが痛くなっていたので、
冷蔵庫から保冷剤を出して、サポーターの中に突っ込んでそこらじゅうをアイシング。
ちゃんと手入れをしておかないと、痛めそうな予感が、足のあちこちで起こっている。

昼飯を食べた後は、ぶっ倒れるように昼寝をして、
晩は近くの映画館に[ M i : 3 ]を観に行った。

ミッション・イン・ポッシブルの最新作は、
まばたきをするのももったいないくらい、メチャクチャ面白かった。

それにしてもトム・クルーズは映画の中で、惚れ惚れするようないい走りをしている。
イーサン・ハントのような、強靱でしなやかで俊敏な体が欲しい。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

4日休憩

今朝は早起きしてウォーキングをしようかと思っていたけど、
気がついたら8時だった・・・。

午前中はクルマで出かけないといけない用事があったし、
昼からは友達の家族が遊びに来てくれたので、
バーベキューをして過ごして、
けっきょく今日は、運動は何もしなかった。
かれこれ、もう4日間走っていない。

ビールも、(なにせ今日の気温だから)すごくたくさん飲んでしまった。

060715BBQ.jpg

朝起きて、ウォーキングをすればよかたのかもしれないが、今から後悔しても仕方がない。
あしたは久しぶりに走れるといいな。
posted by まこと at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ノルディック・ウォーキング

060714pole.jpg筋肉を痛めている時は何もしないに限る。
ただ、何もしないと時間だけが過ぎていくので、
この前、ランニング専門店で少し教えてもらった
ノルディック・ウォーキングをやってみた。

060714walk.jpg
今日はいつものカバンをリュックに換えてみて、
家から駅までの20分間を歩いてみた。

それ用のポールは持っていないが、
昔、オフシーズンにインラインスケートを履いて
スキーのトレーニングをするために買ったポールを代用した。
ノルディック・ポールと同じで、先がゴムになっているので。

ポールを後ろに突きながら地面を押して歩くと、
腹筋と背筋に力が入り、肩が開いて肩甲骨がよく動く。
20分間、腕の振りや上半身の姿勢を意識して歩いたら、
そこそこ汗もかいて、駅に着いた時には少し息も切れていた。

今日はそれにプラスして、午前中に京橋のクライアントで打ち合わせがあったので、
終わったあとで京橋から北浜の事務所まで歩いて帰った。
書類の入ったカバンを持っているので、もちろんポールは持っていないけど、
さすがに今年一番の猛暑の中、30分ほど早歩きををしたら、
なんとなく体脂肪が燃焼したような実感。
ウォーキングをしている限り、太股の付け根も痛くないしね。

そして今日は、家に帰る時も、駅から家までまた20分歩いた。

朝・昼・晩と歩いてばかりいたけど、これはこれで、歩くのもけっこう楽しい。

この前初めておじゃましたランニング専門店の店長は、
ノルディック・ウォーキングだけでトレーニングして、
次のマラソン大会は自己ベストを出すと言っていた。
(もちろん、かなり長時間のトレーニングだと思うが)

そんなにすごい効果があるんだろうか。
ま、ウォーキングに関しては、俺は続けるかどうか、まだわからないけど、
やってみると、ウォーキングもいいもんだ。
posted by まこと at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ラスト150日

ホノルルマラソンまで150日。
あと150日ということはだ、出ると決めてから200日以上たっているわけだ。(アチャ〜)

それなりに頑張ってきたようにも思うし、なにほどもできていない気もする。
初めてフルマラソンに挑戦する人間にとって、42.195kmは、やはりとてつもない距離だ。
距離計の数字を見ながらクルマを運転すると、
どれほど遠いところまで走らないといけないのかを思い知らされて絶望する時がある。

あ、誤解のないように。けっして弱気になっているんじゃない。
その距離を走れる体を作ることに対しては、ぜったいに最後まで諦めない。

練習を続けて、完走して、感動を自分のものにしたいから。

と、つらつらと、いや、だらだらと心情を綴っているのは、今日は走っていなくて、
何も書くネタがないから。
太股がチョイ痛いので、あしたも走らない。
とりあえず、サロメチールは太股の外側に塗って、内側は湿布を貼って寝よう。
posted by まこと at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

ヨガを1時間

太股の付け根がやっぱり痛く、痛いけど走れるというやっかいな感覚。
ストレッチをしたり、自分でマッサージをしたりしてるけど、
痛みの場所が移動しながら、なかなかスッキリ治らない。

この前なんて、よかれと思って足の付け根にサロメチールを塗って寝たら、
股間が燃えているようにヒリヒリして眠れなかった。
とにかく・・そんな夜は二度とイヤだからというわけではなく、早く治ってほしい。

そういうわけで、今日は仕事の帰りにスポーツジムに寄ったけど、走るつもりはなく、
ストレッチと、軽い筋トレと、それから、2回目のヨガのクラスを受けてきた。

体のいろんな部分が伸びたりして気持ちもいいけど、
今日は前回にも増してチカラ技が多く、筋肉がヒクヒクして、体がホコホコして、
ジワ〜っとたくさんの汗をかいた。

参加人数も今日はすごく多くて、
スタジオの中で手を横に広げると、別の人と当たりそうだった。
ヨガのことはぜんぜんわからないけど、ゆったりと流れる音楽と、
インストラクターの声と、自分の呼吸のリズムだけに集中していれば、
他は何も気にすることなく自分だけの世界に落ちていってるような感覚がいい。
posted by まこと at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

Run Walk Style

え〜っと、報告します。仕事の帰りに森之宮のランニング専門店に行ってきました。
とても気さくな店長と奥さんで、いろんなことを教えてくれました。

サッカニーのシューズも履かせてもらいました。今はまだ買う気はないけど、
次はこれにしようかなと思うくらい、しっくりくる履き心地でした。

それから、ノルディックポール(スキーのストックのような)を持って
外の道へ出て、歩き方の練習もさせてもらいました。

060711run_walk01.jpg 060711run_walk02.jpg 060711run_walk03.jpg

すっかりこのお店が気に入ってしまいました。
これからもきっと、何度も足を運ぶと思います。

ん? なにを今日は丁寧な言葉で書いてるんだろう。

とにかく、ランニングの専門店だけあって、商品も、お店の人の知識も充実している。
店長は元々、八ケ岳で暮らしていて、マラソン大会の企画などをしていたらしい。
今は大阪府下の強い高校の陸上部に指導に行っているという話も聞いた。
高橋尚子とも仲よくお食事をしているらしい。

そのお店で、俺は短パンと帽子を買ってしまった。
ヨメはランニングとランパンと帽子を買った。
どれも、前から欲しかったので。

1時間半くらいその店でいろんな話を聞かせてもらって、そのあとは
友達のムーチャンの案内で、その近くにある美味しい焼き肉屋へ行った。
今日は脳みそも、胃袋も、とっても満たされた気分。

060711yakiniku.jpg

そうそう、書くのを忘れていた。
今朝、家の近くを6km走ったら、すごく体が軽かった。
ヘロヘロになりながらも日曜日に走ったことで少し力がついたんだろうか。
posted by まこと at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

自分なりに反省

普段からそこそこ走っているつもりでいたんだけど、
今朝起きると、太股の前と、足の付け根の外側に軽い筋肉痛が起きていた。
それと腕も少し。それから肩も。(要するに、あちこち痛い)
6kmとか10kmは走っていたけど、それ以上走れる体にはなっていなかったんだ。

なので、仕事帰りにスポーツジムの接骨院に行って筋肉を揉んでもらった。
今日は走るつもりはなかったので、あとは腹筋を少しと、それ以外はほとんど
テレビでワールドカップ決勝の再放送を見ていた。(ジダンの頭突きが見たかったので)

淀川を走っていて気がついたのは、
走り初めは体がまっすぐに立って、胸も開いているつもりなのに、疲れてくると
腰がだんだんと後ろへ行き、お尻が地面に向かって下がってくるということ。
顔も下を向いてくる。まるで腰の曲がった老人みたいだ。
正しい(と自分で思っている)姿勢は、2kmくらいしかもたない。
それから、バテてくると太股が前に上がらず、膝から下だけで歩幅の小さい、
つまり股関節がぜんぜん動いていない走りになってしまうということ。
(そういう反省も踏まえて今日は、太股を前に上げる筋トレもやってみたけど)

きのうのしんどさは、けっこうショックだったし、走っている姿は、
想像しただけでカッコ悪い。
マラソンの神様がいたら、
「マラソンをなめてるからや、このドアホが!」と言われそうだ。
(マラソンの神様が関西弁かどうかはわからないけど)

しかし不思議だ。
一度でいいからフルマラソンを走ってみたいと思って始めた練習であって、
この先の人生もランニングを続けていこうと決めているわけでもないのに、
何をこんなに真剣に考えているんだろう。

走ることが自分の人生というわけでもないし、ほかにも考えないといけないことや
やりたいこともいっぱいあるのに、いつのまにか、走ることに対して喜んだり、
自信を無くしたり、怠けそうになる自分と戦ったりしながら毎日を過ごしている。

来年のことはわからないけど、きっとこの1年は、
(目標を達成できても、できなくても)人生の中で忘れられない1年になるんだろうな。
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。