2006年06月10日

エキスポ70

家の中でこんなものを発見した。
なんと、1970年の日本万国博覧会の風呂敷。

060610expo70.jpg

一辺が70cmちょっとで、地図とパビリオンと国旗が描かれている。
もう36年も前のシロモノだ。

その頃は確か小学3年生くらいだった。
大阪市内に住んでいたので、地下鉄で何度も通い、
アメリカ館やソ連館、日本館、松下館、日立館、三菱未来館、ガスパビリオン、
住友童話館、エキスポタワー、太陽の塔、虹の塔など、ありとあらゆるパビリオンを
巡ってスタンプを集めたのを覚えている。

会場の中に流れている人口の川にはまって全身びしょ濡れになり、
コンパニオンのお姉さんにどこかの事務所に連れていかれて、
着ている服を全部(パンツも)脱いで乾かしてもらったこともあった。
ストーブの横に立って服が乾くのを待っている間、
コンパニオンのお姉さんはバスタオルを両手で広げて、ずっと隠していてくれた。

風呂敷一枚でそんな昔に気持ちがタイムスリップするなんて、
これはひょっとしたらドラえもんのタイム風呂敷・・?

なんて思い出に浸るのが目的ではないが、今朝も万博の外周道路を走ってきた。

大型犬の散歩をしている人、親子でウォーキングをしている人、自転車で
走っている人、カップルでジョギングしている人、たくさんの人が朝から
公園を利用している。
自分もその仲間のひとりだと思うと、走っていても孤独感がない。
いったいこの36年間に、どれくらいの人がこの道を走ったり歩いたりしたんだろう。
posted by まこと at 15:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。