2006年05月16日

森千夏選手応援募金

5月6日に行った国際グランプリ陸上で、
トラックに出てきた為末大選手が、台の上に立ってマイクを持って、
「選手を代表してお願いがあります」と観客席に向かって話し始めた。

砲丸投げの選手としてアテネオリンピックに出場した森千夏選手が
虫垂ガンに冒されているらしい。
オリンピックの前から高熱を発したりして体調が崩れたりしていたらしいが、
ガンだとわかったのはオリンピックから1年後だったらしい。

為末選手からのメッセージは、
 競技に復帰することを夢見てガンと闘っている森選手を我々みんなで応援している。
 虫垂ガンというのは珍しい病気なので、多くの方からの情報が欲しい。
 リンパ球治療というのはとても高額で、日本陸連を通じて募金活動をしているので、
 みなさんのご協力をお願いしたい。
という内容だった。

俺は森千夏という選手を知らなかった。

でも、知っているか知らないかは問題ではなく、競技生活を続けていた選手にとって
競技ができなくなるというのは、自分の存在を否定されるのと同じくらいの
屈辱や絶望を味わうんだろうなと思うと、自分も悲しかった。

森選手とは会ったことも喋ったこともないけど、
今日、事務所の近くの郵便局へ行って、募金口座にお金を振り込んできた。

まずはガンが克服できることを祈って、
その後、選手として復帰できたら、ものすごく応援しようと思う。
posted by まこと at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。