2006年05月06日

国際グランプリ陸上

夜にスポーツジムへ行ったら、知らない年配のおじさんから声をかけられた。

「兄ちゃん・・・、よー焼けとんなぁ」

「あ、これね。今日長居陸上競技場で国際グランプリ陸上があって」

「走っとったん!」

「いえいえ、観客席で見てたら」

「そんな焼けたん! こらスゴイわぁ・・・」

てな会話の通り、今日は中学になって陸上を始めた息子と
長居陸上競技場へ行ってきた。

060506GP.jpg

世界の一流選手が間近で見られた興奮は、文字で表すのが難しいくらいだ。

末續慎吾、朝原宣治、為末大、室伏由佳から売出し中の金丸祐三(みなさん、
呼捨てでごめんなさい)、アテネオリンピック男子100m金メダリストの
ジャスティン・ガトリン、同じく110mハードルで見ている者の度肝を抜いた
中国の劉翔などなど、世界で戦っている選手の競技を目の前で見れるなんて。

それにしても、世界のトップレベルの選手の走りはスゴイ。
それが100mであれ、400mであれ、1500mであれ、5000mであれ、
次元が違うくらいに、軽やかでスピードがある。

なんだか一日中そうして陸上の大会を見ていると、
自分も陸上選手になりたくなってきた。

勝手に載せていいのかどうか知らないんだけど、
400mのレース前の為末大選手です。
060506tamesue.jpg
posted by まこと at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。