2006年04月04日

いつから走ろうかな

家に帰ってから、
小出監督の「知識ゼロからのジョギング&マラソン入門」という、
2カ月ほど前に買った本をペラペラとめくったり、
スポーツクラブが発行している冊子の「2005ホノルルマラソンレポート」という
ページを読んだり、前に買ったランニング関係の雑誌の
「いくぞ!ホノルル2006」という特集を読んだりしていた。

そこから伝わってくるのは、
走ることはとっても楽しいということ、
マラソンはとても苦しい競技だけど、ゴールする瞬間には未知の感動が
待っているということ、そして、数あるマラソン大会の中でも
「ホノルル」の空気感は「トクベツ」だということ。

こんなふうに、自分をその気にさせてくれる材料は回りにいっぱいあるのに、
最近はテキトーな筋トレとストレッチくらいしかしていない。

今日も腹筋を15回(たったそれだけ!?)やっただけで、
あとはなんにもしていない。

だからと言って気持ちがイライラしているわけでもなく、
もうすぐ走り出すことがわかっているから、けっこう落ち着いている。

荒川静香がヘッドホンをかけながら自分の演技を待っているようなもんかな。
(ちがうやろ、それは)
posted by まこと at 22:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。