2006年03月31日

3月最後のブログ

実はきのうと今日、まったく走っていない。

その代わり筋トレはやっている。
いちおう、太ももの前と後ろ、それからふくらはぎも鍛えている。
それと、縦割れのお腹を作らないといけないので腹筋も。

ま、仕事帰りにジムに寄って、ストレッチも含めて1時間ほどだから、
甘っちょろい筋トレだとは思うが・・・。

ところで、今日で今年も4分の1が終わってしまった。

なんなんだ、この時間の過ぎて行く速さは。

毎日の走った距離を足し算してみたら、3月は合計で124km走っていた。

これは満足していい距離なのか、少ないのか、ぜんぜんわからないし、
10kmとか20kmとか、長い距離は一度も走っていない。

他人さんのブログを見たりしていると、
1カ月に300kmとか500kmとか走っている人もいる。
マラソンの世界とは、化け物みたいな人がうようようろついている、
けものみちみたいなものだったらどうしよう。
そうだとしたら俺にはぜったいついていけない。

 けものみちには、けものみちの歩き方がある。
 ただし、一度そこに足を踏み入れた者は、
 二度と抜け出すことができない。
 たとえ出口を見つけた気がしても、
 それはただ、別の獣道へと続く、入り口に過ぎない。

ひぇ〜、俺は米倉涼子みたいにはなれないよぉ。
posted by まこと at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

よくある症状らしい

足首の痛みは、正確に言うと足首ではなく、どうもスネの骨の内側らしい。

ネットで調べると自分と同じ症状がいくつも載っていた。素晴らしい。

どうやらシンスプリントと呼ばれる症状らしい。

この言葉は、自分にとっては新しい。

これは、スネの内側に付着している筋肉が酷使されて起る骨膜の炎症らしい。

そして、それは筋力低下や筋バランスの不釣り合いが原因だったりするらしい。

治療法としては電気治療やアイシング、ふくらはぎの筋トレ、ストレッチ、
ゴルフボールを足の裏でゴロゴロころがす、などがいいらしい。

そんなヤワな足腰になっていたのかと思うと、自分の脚が憎たらしい。

でもこれはランナーに多い症状らしい。

症状が軽い場合は、トレーンングを続けながらの治療もできるらしい。

・・という理由をつけて練習を休みたがらないところが未練たらしい。

この痛みがランナーの仲間入りをした証だとすれば、それは誇らしい。

そんなふうに楽天的に考えているところが自分らしい。

・・と、自分を無理に肯定するところがいやらしい。

・・と、素直に反省するところがかわいらしい。
posted by まこと at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

天気予報のとおり寒かった

今朝もいつもの道を、いつものおじさんと挨拶をかわしながら走ったが、
さすがに真冬並みに風が冷たかった。

汗が出はじめるのも、いつもより時間がかかった。

こんなに寒くても、桜はちらほら咲き始めている。
モクレンの木を植えている家も、花が満開になっている。

でも、近畿の北部では、4月も近いというのに雪が降っているらしい。

お天気用語では寒の戻りと言うんだろうね。

池のまわりの住宅街の道を(できるだけ)3周走るわけだが、
どこにどんな花が咲いているとか、そんなことに注意がいくのは1周目だけだ。

2周目以降はだんだんと息が荒くなり、汗が目に入り、足のどこかが痛くなってくる。

今日のランニング中に頭の中に浮かんできた曲は
モンキーマジックの「AROUND THE WORLD」だった。

 ♪アーランダーワー いつでも自分に

  アーランダーワー 負けている人は

  アーランダーワー 何もつかめない


なかなか厳しいことを言ってくれるやないの、と思いながら走った。

・・・燃える曲のリストに加えておこうかな。
posted by まこと at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

マコトを冷やせ

「マツイを冷やせ〜!」のエアーサロンパスを買った。

左の足首の筋がまだ痛む。

風呂に入るたびに揉んでいたが、それほどよくならないようなので、
今はエアーサロンパスをシューッとした後に湿布をしている。

関節じゃないのでぜんぜん心配していなかったんだけど、長引くとちょっと気になる。

今朝もいつもの道を6キロ走ったが、やっぱり痛かった。

それにしても最近は減量のせいでスタミナがなくなったのか、
走っていてホントにしんどい。(スタミナに影響するほど体重は減ってないけど・・)
スピードも前より遅くなっているし、息切れも激しく、途中で歩きたくなったりする。

でもそういう時は
「フィギュアスケートの荒川静香はもっともっと、も〜っと苦しい練習に耐えたんだ」
と思って、怠けたくなる気持ちを押さえ込んでいる。
荒川静香だけじゃない。モーグルの上村愛子だって、スピードスケートの
清水宏保だって、俺の10000000000倍くらい辛いトレーニングをしてるんだ。

そういう暗示というか思い込みで、苦しい状況でもけっこう単純に足が前に出たりする。

そういえば清水宏保は現役続行を発表した。
しかもセリフが、
「まずは世界記録を取り返したい」

なんて・・・・かっこよすぎる。

越和宏もバンクーバーを目標にしたみたいだし、上村愛子もバンクーバーで
メダルを目指したいと言っている。

トップアスリートの、この無限とも思える精神力はなんなんだろう。

まねできるものじゃないけど、影響だけはちゃんと受けておこうと思う。
posted by まこと at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

気持ちが乗らない・・(スキー疲れ?)

先週の金曜日から土曜、日曜と走っていない。

3日も空けるなんて3月に入ってからなかったことだ。

そして今朝も、まったく走る気がせず、走りたいという気持ちもわかず、
普通に出かける用意をして出勤した。

でも今日も走らないと4日間空けることになってしまうので、
夜はジムのマシンで5キロ走ってきた。

ジムに着いたのが遅かったので、筋トレは申しわけ程度に。

いっぱい汗を流したあとは風呂に入って帰るのだが、
自分の体を鏡で見るたびに「ようこの体で走ってるな・・」と思う。

友達のはへほーとは、いつかお腹の見せ合いをする約束をしている。
・・・・縦に割れてるお腹を。

鏡に映った今の自分のお腹は、たるんだ贅肉のせいで横に線が入っている。

ランニングをしても目に見えてスリムになっていくわけじゃなし、
やっぱり耳つぼダイエットかな・・・・。
posted by まこと at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

やっぱりスキーの方が楽しいかも

060325a.jpg

ハチ北で2日間滑ってきた。
たぶん今シーズンはこれで終わりにするだろうな。

でも滑ってみて思うことは、黙々とランニングをするよりは、
急斜面を滑降している方がやっぱり自分にとっては楽しい。

今年は雪がたくさん降ったので、もうすぐ4月だというのに
関西のスキー場でも2メートルほど雪が残っている。

060325c.jpg

最近は運動が足りているから、少々滑ってもバテないかと思っていたら
そうでもなかった。
鍛え方が足りないのか、それともスキーの脚力はランニングと違うのか。

このゲレンデの中腹にあるレストランは、
オーナーがハワイ好きなのかどうかはわからないが、
店の作りが南国風になっていて、メニューにはラーメンやカツ丼などがなく、
その代わりにロコモコがあったりする。

これがハチ北のロコモコ。目玉焼きの代わりに温泉たまごがのっている。

060325b.jpg

そこで昼ご飯(もちろんロコモコ)を食べてビールを飲んで、
テーブルに顔を伏せていたら眠ってしまった。

目が覚めた時、明石のyukarinに「もう3時まわってますよ」と言われてドッキリ。
なんとゲレンデのレストランで2時間以上も寝てしまった。

これではスキーをしに来てるのか、遠くまで昼寝をしに来てるのかわからない。

普段から運動不足の人間が早起きしてランニングなんぞしてたもんだから、
知らない間に疲れがたまっていたのかもしれない。・・とも言われた。

宿に帰ってからも、夜中まで飲むわけでもなく、さっさと布団に入ると
朝まで爆睡してしまった。

たぶん、それで疲れも取れたと思うので、
あしたか、あさってから、また走ろーっと。
posted by まこと at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

ホノルルは別だそうです

我が家では毎朝、ラジオで朝日放送がかかっていて、
道上洋三さんの番組が流れている。

今朝は視聴者から
「私の基本はホノルルマラソンです。
以前に『ホノルルマラソンに出たい』という気持ちだけで参加しましたが、
後半はただただ苦しいだけでした。
でも、ゴールのカピオラニ公園に来た時の達成感と感動は忘れられません。
その後はいろんなマラソンや海外の大会でも走るようになりましたが、
ゴールする時はいつも、カピオラニ公園に入って行く時の気分です」

というお便りがあった。

お、ホノルルマラソンの話、してる!と思って耳を傾けると、

そのお便りに対して(学生時代は陸上選手だった)道上さんは

「5キロや10キロのジョギングならまだしも、フルマラソンは
絶対におすすめしません。42.195キロは尋常な距離じゃないです。
ただ・・ホノルルマラソンだけは別です!
その日は島中がマラソンに包まれます!!
ジュースを渡す人、食べ物を配る人、
家からホースを引いてきてシャワーを浴びせる人、
沿道で応援する人も含めてみなさんがボランティアなんです!!!
みなさんも一度参加なさってください。素晴らしい体験を味わえます!!!!」

と言っていた。

060324.jpg

いったい、どんなに素晴らしい世界なんだろう。

それを知っている人もたくさんいるだろうし、何度も体験している人も
多いみたいだが、俺はぜんぜん知らない。

その、未知の感動を味わうためにも、しっかり練習しなきゃ。

(でも、この土・日はスキーに行くので、ランニングもブログもお休みでーす)
posted by まこと at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

原田が引退する・・

060323harada.jpg

ジャンプの原田雅彦が今期での引退を表明した。

プロスキーヤーの三浦雄一郎は2008年に75歳でエベレストに再挑戦するという。

それぞれ、どんな想いで、どれくらい時間をかけて考えて、
どれくらいの勇気をふりしぼって決断したんだろう。

それに比べたらマラソンに出場することなんて「へ」みたいなものなんだろうけど、
自分は、日本が誇るアスリートでもなんでもない、ただの運動不足のオッサンなので、
たかがマラソンでも、それは「すごい決断」であり、「すごい挑戦」だと言っても
いいんだろうなと思う。

ただ、原田雅彦や三浦雄一郎の決断とは重みの次元が違うので、
マラソンに向けての(ちょっとした)練習が
たとえ(運動不足の)自分にとって苦しいトレーニングであったとしても、
たいそうに考えずに軽く乗り切ってしまわないと恥ずかしいような気がする。
posted by まこと at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

続・朝のランニング

060311b.jpg
家の近くに大きな池があって、その回りの住宅街の道路が朝のランニングコースなのだが、
その道は小学校の集団登校の道にもなっている。

子供たちが登校する時間になると、角ごとにおじさんが立つ。

自治会のお世話役の人かPTAの人が、子供たちをクルマやバイク、それから
不審な人物から守るために毎朝立っているのだろう。

そのうちの一人のおじさんは、俺が走りすぎる時にいつも、
右手を勢いよく高く上げて、ニコニコ笑いながら
「ウィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッス」と言ってくれる。

俺も「あよざいまーす」と朝のあいさつをする。

いつのまにか、朝のお友達が、また一人増えてしまった。

この前は、いつものポーズで「ウィ〜〜〜〜〜〜〜ッス」と言ったあとに
人差し指と中指を立てて、「2周ぅ?」と聞かれたので、
人差し指と中指に薬指も足して「3周ぅ!」と答えると
「わぁ〜、スゴイなぁ」と言われた。

やっぱり、朝のランニングは爽やかで素晴らしい。


このランニングコースは、バスも走っている。

ランニングコースにあるいくつかの停留所では通勤のサラリーマンやOLが
バスが来るのを待っている。

バスが停止してお客さんを乗せているあいだ、俺はバスの横を通り抜けて走る。

そして客を乗せたバスが、今度は俺を抜かして行く。

バスはバス停や信号で止まるたびに俺に抜かれ、動き出すとまた俺を抜かして行く。

そうやって走っていると、まるで
「フライ・ダディ・フライ」の堤真一になったような気になる。

通学途中の子供たちが俺の後を追いかけて走ってくれたら、
ロッキー・バルボアの気分も味わえるんだけど・・・。
posted by まこと at 20:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

イングスにて

今日は朝から4キロのランニング。足首の痛みはまだとれない。

最近、走る距離が少ない。
友達のムーチャンは毎日の走る距離を10キロに変更したらしい。

ま、レベルの違う人の練習量は気にしないとして、
朝ご飯をゆっくり食べたあと、仕事が忙しいので休日出勤。

でも、事務所に着いてからは、WBCの決勝、日本vsキューバを見ながらだったので、
ぜんぜん仕事がはかどらなかった。
あんなに興奮する試合の中継を見てたら、そりゃ仕事できないね。

で、適当なところで妥協して、イングスが開いてる時間だったので、
吸湿性と通気性のいいTシャツを買おうと立ち寄った。
(いつも綿のTシャツを汗でビショビショにして走ってたので)

いろいろ着てみて、ミズノのTシャツを2枚買った。

試着室から出ると、な、、、なんと友達のはへほーが買い物をしていた。

なんか、ランニング用に5本指のソックスを買っているではないか。

この前は住之江区まで行ってランニングシューズを2足買っていたし、
通販でサングラスのくっついた帽子も買っていた。

一緒にいたお友達によると、ランニング用の腕時計も買ったらしい。

ほ、本気だ。

その後は別の売場へ消えていったので、まだ何か買うのかもしれない。

はへほーの行動が不気味だ。
posted by まこと at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

ぼくの夢、わたしの夢

マラソン関係のブログを見てると、みなさん100%と言っていいくらい、
自分のシューズの画像をアップしている。

俺はそんなことはぜぇっっったいにしなぞ、と思っていたが、
やっぱり載せることにする。
今朝「(シューズの)デザインは妥協するしかないですね」というメールが携帯に
入ったので。

060320shoes.gif

そうです、足に合うかどうかを優先するなら、デザインは妥協するしかありません。
俺は地味なグレーです。


では今日の本題に。

今日は息子(小6)の卒業式だった。

この小学校の卒業式のスタイルなのかもしれないが、ひとりひとりが校長から
卒業証書を受け取ったあと、ステージの上で自分の夢を大きな声で言ってから
階段を下りていった。

「ぼくはプロ野球選手になってイチロー選手以上の記録を作りたいです」

「医者になって、たくさんの人の命を救いたいです」

「サッカー選手になって日本代表に選ばれたいです」

「科学者になって地球の温暖化を救いたいです」

「パティシエになって世界中の人にお菓子を食べてもらいたいです」
     ・
     ・
(その夢、きっとかなうよ)と、心の中で思った。

子供たちの言葉を聞き、目を見ていると、
日本の将来は絶対に明るいという確信が(少なくともその時だけは)わいてくる。

「投資家になって、たくさんの会社を乗っ取りたいです」とか
「上手にメールが打てるようになって、国会議員を騙したいです」とか
「マスコミに入って人のスキャンダルをたくさん暴きたいです」なんて言う子は
ひとりもいない。


ひとりだけ、
「わたしは長距離ランナーになってオリンピックで金メダルをとりたいです」
と言った女の子がいた。

野口みずきも小学生の時からそんなことを夢見ていたんだろうか。

俺だって言いたい。

「ぼくは、長距離が得意になって、ホノルルマラソンを完走したいです」
posted by まこと at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

今日はジムで練習

今日は、夜になってからジムで汗を流した。

まずはたっぷり時間をかけてストレッチ。

そのあと、マシンでランニングを5キロ。

このマシン、スピードを調節できるのだが、いつも横で走っている人が
どれくらいのスピードに設定しているのか気になって仕方がない。

この前は、時速9km/hにして走っていたら、横の男性(どう見ても俺より
年上、しかも背も低い、しかしランナーっぽいフォームをしている)は
時速12km/h台で練習していた。

それを見て、こっちはギョッと目が丸くなるけど、対抗するような力はないので、
スピードの設定を上げることはできない。

それでも(あまりにも差があるのも悔しいので)終盤になって10km/h台まで
スピードを上げて走ってみた。

はぁ・・はぁ・・どうだ、少しはレベルが近づいたか、と思って隣を見ると、その男性は
14km/h台に上げていた。・・・・・新幹線か、こいつ。
前半の速度は、ウォームアップだったんだ・・・。

ま、以前にそんなこともあったが、今日は幸い横がウォーキングの女の子だったので、
スピードは気にならなかった。

その後は、基礎代謝を高めるために筋トレ。

大腿四頭筋、大腿二頭筋、腹筋、大胸筋、後背筋・・・。

文字だけ読むと筋トレおたくのようだが、俺の場合は○○筋の上に脂肪がたっぷり
ついているので、体だけを見ていると、いったいどこの筋肉を鍛えたのか
ぜんぜんわからない。

ジムでたっぷり汗を流したのはいいが、家に帰ってからは、
ビールを飲みながら焼き豚を8枚くらい食べた。
(きのう、神戸の南京町で買ってきたという焼き豚をもらって、これがまたうまい)

だから体重が減らないんだろうな・・・。
posted by まこと at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

ランニングシューズ

今朝は4キロ走った。

最近は足首が痛いので距離を控えている。

実はこの前、ランニングシューズを買った。

それまではランニングシューズみたいな、でもランニングシューズじゃないような、
そんなのを履いて走っていた。

知らなかった自分が恥ずかしいのかもしれないが、
今のシューズは先がメッシュ素材になっていて、足先からスースーと風が入ってくる。

これは、シューズの中で足が蒸れないための機能なんだろうけど、
冬の朝だと、体が温まるまでは足の指が寒い。

売り場のお姉さんに1時間くらいかけて、足の長さや幅を
測ってもらい、自分がどの程度のランナーなのかも理解してもらい、
いろんなアドバイスを聞いて選んだ靴は、さすがに履き心地がいい。

ただ、だからといってピョンピョンと飛び跳ねるように
軽快に走れるようになったかというと、そうでもない。

道具が変わっても、自分の力が進化するわけではないようだ。

要するにシューズは単にシューズであってライダーベルトではないので、
それを身につけたからといって野口みずきに変身できるわけではない。
posted by まこと at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

マラソンミーティング

今日は福島のお好み焼屋でマラソンミーティングがあった。

ホノルルマラソンに参加しない者も含めて総勢8名。

同じ目標を持って毎日を過ごしている者同士が集まると、こんなにも盛り上がるのか。

ま、酒を飲みながらなので、ミーティングといっても、無責任で、非現実的で、
ほとんどが冗談で、どんどん横道にそれて・・・・真剣にマラソンを
している人がいたらテーブルをひっくり返して怒りそうな内容の会話がほとんどだが、
こういう健康的な話題で盛り上がるのは、みんなにとっても、すごくいい事だと思う。

この、ホノルルマラソンバージョンのお好み焼きを見ても、
どれだけ盛り上がっているかが伝わると思う。

060317.gif

それに今日は、友達のヤジもマラソンメンバーに加わった。

この輪はどこまで広がるんだろう。

マラソンっていうのは孤独なスポーツかもしれないけど、
ある意味では、お互いの支えがあって成り立つチームプレーなのかもしれない。

この土・日は、きっとみんな、お互いの頑張ってる姿を思い浮かべながら
練習するんだろうな。
posted by まこと at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

親子論

今日は大阪府立高校の入試があった。

息子が受験生なのである。

マラソンの練習と息子の入試とは何の因果関係も、何の相関関係も、
何の相乗効果も、何のカンフル作用もない。

そしてもちろん、俺が一生懸命に走ったからといって、息子が合格するわけでもない。

それなのに、走りながら

「父さんも・・・・がんばってる・・・・からな・・・ハァ・・・ハァ・・」

なんて、まるで自分の信念が天に通じるかのように思ってしまう。

科学的なトレーニングとはほど遠い、根性論の走りだ。

以前にスキーの検定を受けた時も、
心の中で息子の名前を呼びながら、「いくぞーっ」と気合いを入れて滑った。

世間の人もみんなそうだと思うが、子供とはそういう存在なのだ。
posted by まこと at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

よ・・・ヨメが。

右の膝下の痛みが消えたかと思ったら、
このごろ、左の足首が痛い。

ちょっと練習を控えようと思って今日は走らなかった。


ところが最近、
「ハワイには応援に行って、マラソンがスタートしたら
私はゴルフしとくね」と言っていたヨメが
軽いジョギングをしだした。

俺が(基本的に)6キロを走ってるのに対して、
ヨメは週に2回ほど、2キロだけ走っている。

ホノルルマラソンに出るのかと思えば、そーゆーことは
ひとことも言わない。

人に聞かれても「健康のために」なんて言っている。

なかなか、賢いやつだ。


「健康のため」と言うわりには、

アディダスでジャージの上下セットを買ったかと思えば、
ミズノでTシャツ2枚と短パンを買い、
気に入ったからという理由で後日同じシリーズのノースリを1枚、
本格的なランニングシューズ、
スポーツブラを2枚、
などなど、いそいそと買い集めている。


ひとつのスポーツに取り組むとき、
ウエアや道具を次々と揃え始める・・・というのが
うちのヨメがそのスポーツに真剣かどうかを探るバロメーターとなる。

このブログは、ホノルルマラソンに挑戦する俺の記録なのに、
なんか今日は俺自身のレポートになっていない・・・。

主役を取り返さねば。
posted by まこと at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

今朝もアスファルトに氷が

今日は何の日?

ピロローン、今日はホワイトデー!!
チョコレートをくれたわずかな女性たちにお返しをしなくっちゃ!
   ・
   ・
   ・
ちがう、っちゅうねん。

今日は何の日かというと、フグを食べながら、
ホノルルマラソンに出ると約束をした日からちょうど100日目なのだ。

100日目だからといって100日走ったのかというと、もちろんそうではない。

12月が8日間、1月がゼロ、2月が15日間、3月が11日間、
え?・・合計34日間?

ムム・・・・自分が思っていたより、ずっと少ない・・。

もっと練習してるような気がするんだけど。
posted by まこと at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

頭の中で音楽が

iPodで音楽を聴きながら走っている人もいるようだが、
自分の場合は、走っていると自然に頭の中で歌が流れてくる。

好むと好まざるにかかわらず、走っている間、ずっと流れている。

どんな曲かは、その日によってさまざまで、
自分の嫌いな歌手の曲だったり、
前の日の残業中にFMで流れていた曲だったりする。

ロッキーのテーマや、ゆずの「栄光の架け橋」だったら
熱くなって走れそうだが、曲は頭の中で自然に流れてくるので自分では選べない。

この前は一青窈の「もらい泣き」だった。

ええ(スッスッ)いー(ハッハッ)やーぁ(スッスッ)
きーみぃ(ハッハッ)かーらぁ(スッスッ)もーらー(ハッハッ)
いーなー(スッスッ)きぃー(ハッハッ)

てなリズムになる。

ランニングをしてるのに、どうしてこんなスローテンポの曲が
頭の中に流れてくるのかわからない。

その前は、岩崎宏美の「思秋期」だった。
posted by まこと at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

森山良子ライブ

きのうは森山良子のコンサートに行った。

ナマ森山良子はとても素敵だった。

激しい歌い方、リズミカルな動き、ステージを走り回る元気さ。

なんと森山良子は今年で58歳になるのだ。

ステージでのほとばしる躍動感と実際の年齢とのギャップを知り、
この人は200歳まで生きるだろうと思った。
俺もこれからは、目指せ森山良子でがんばろー。

ローリングストーンズのコンサートに行った時
ミック・ジャガー(60歳)の腹筋が割れているのを見て
これからはミック・ジャガーを目指そうと思って腹筋を始めた時以来の刺激だ。

それにしても、朝は登りたての太陽を見ながらランニング、

夜は森山良子の歌声に酔いしれる・・・

ああ、なんて美しい生活なんだ。


てなことで、本日は、雨が降っていたので朝のランニングはお休み。
代わりにスポーツジムで筋トレをやっておきました。
posted by まこと at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

朝のランニング

060311a.jpg

朝のランニングはすばらしい。

この前、知らないおじさんから
「毎日走ってるんですか」と声をかけられた。

このおじさんも毎朝、散歩をされてるらしい。

俺は気づかなかったが、おじさんは俺を毎日見ていたのだ。

「私もね、若い頃は仕事が終わってから5キロのランニングを続けて、
ロードレーサーを買って富士五湖を一周しましたよ」

と、東京弁プラス素敵な笑顔で昔話をしてくれた。

ロードレーサーは、手の長さや足の長さを測って、
自分に合った自転車を作ってもらうそうだ。
今は66歳とおっしゃってたが、もっと若く見える。

それからは、朝すれ違う時に

「おはようございまーす」と目いっぱい好青年ぶった挨拶をすると
おじさんも挨拶を返してくれる。

早起きしてランニングをするとこんな出会いがあったりするのは、
みんなが清々しい気分でいるからだろうか。

うん、やっぱり朝のランニングはすばらしい。
posted by まこと at 13:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

今夜はお好み焼を食べに

今日の晩はお好み焼屋で取引先と飲み会があって、きっとたくさん飲み食いするので、
カロリーのバランスをとるためにも走っておきたかったが、

雨が降っていたので休んだ。

堀口元気じゃないので、雨の中を走る根性はない。

ところで、話は変わるが、
先日、長距離が得意で陸上の試合にも出ていたという女の子としゃべっていたら、
山歩きをしても疲れないというのは特殊な能力らしく、
普段から山登りをしていない一般の人ではありえないそうだ。
山歩きでぜんぜん疲れないと言っていた友達は、
もしかしてマラソンに向いている体質なのか。

ところで、話は変わるが、
きのう、久しぶりに会う二人の人から「痩せたね」と言われた。
この言葉を支えに、1週間は頑張れる。(体重は減ってないんだけど…)

ところで、話は変わるが、
このブログの書き込みを見てると、いろんな人が体を動かし始めたみたいだ。
春は生きものが躍動を始める季節なのか。

ところで、話は変わるが、
事務所の近くをチャリンコで走っていたら、
あまりにもきれいな夕日だったので写真を撮った。
060310.jpg
posted by まこと at 13:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

カラダガカタイ

今日の晩は神戸で送別会があって、きっとたくさん飲み食いするので、
カロリーのバランスをとるためにも走っておいた。

いつもそうだが、走り終わると髪の毛も顔も汗でビショビショで、
しかも苦しくて泣きそうな表情になっていて、
まるで知らない間に海流に流されてしまって必死に泳いで
海から上がってきたばかりのような姿になっている。

いつかはケロッとした顔で走れるようになるんだろうか。

家に入る前に、汗をボタボタ落としながらストレッチをして、
足の前や後ろ、股関節などを伸ばしている。

やってることだけは、いかにもアスリートのようだが、
フィギュアスケートの荒川静香と比べたら、たぶん100倍くらい体が硬い。

一生かかっても、俺にはビールマンスピンなんて無理だ。

友達のムーチャンは、走る前にも15分はストレッチをしろと言ってたが、
朝の貴重な時間をそんなふうに使っていたらシャワーを浴びる時間もとれず、
海から上がってきたままの姿で通勤しないといけなくなるので、
走る前のストレッチは3分で済ませている。
posted by まこと at 18:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。